ホーム > こども・教育 > 教育委員会 > 「学校、今日行く!」~教育長の学校日記~ > 11月7日 伝統を引き継ぐ、私たちは栄光の架橋に 周年記念式典④

  • スポーツと人情のまちでおもてなし エスコート Special たくさんのSがある特別なまち 江東区

ここから本文です。

教育委員会

更新日:2020年11月7日

「学校、今日行く!」~教育長の学校日記~

伝統を引き継ぐ、私たちは栄光の架橋に 周年記念式典4

 

 0211071 0211072

 776543234567 10月

 水神小学校の開校60周年記念式典が行われました。水神小は、大正14年に東京府立水神小として開校し、昭和20年に戦災により校舎が焼失、そして昭和21年に児童数減少により閉校となりました。しかし、昭和35年に江東区立水神小学校として再開校し、今年60周年を迎えました。苦難を乗り越え、地域の皆様の熱い思いに支えられ、水神小は、ここまで歴史を築き上げることができました。

 記念式典では、古田校長先生が「水神小の伝統である鼓笛隊は、前回の東京オリンピックの前夜祭に出演しました。その鼓笛隊の伝統は、今も全校鼓笛として引き継がれています。水神小では、60年間ずっと『学校の主役はこどもたち』という思いが大切にされています。式典に参加している6年生の皆さん、皆さんは全校児童の代表というだけでなく60年間に在籍していたすべてのこどもたちの代表で参加しているという思いをもってください」と、6年生のこどもたちに話をされていました。6年生のピンと伸びた背筋から、60年間の思いをしっかりと受け止めている決意が感じられました。

 感染症対策のため、式典には6年生しか参加できませんでしたが、全校児童で取り組んできた制作やそれぞれの思いが込められた作品等、みんなでお祝いをしていることが参加されたご来賓の皆様にも伝わったことと思います。式典では、全校児童が校庭で行った「60周年記念集会」の様子等も披露されました。

 式典後に、水神小の伝統である「鼓笛隊」が4年生以上の児童の参加で行われました。コロナ禍で練習も限られた中ではあったと思いますが、とても素敵な演奏でした。「水神鼓笛2020」のラストを飾ったのは、2004年アテネオリンピックのテーマソング「栄光の架橋」でした。1964年から2020年へ東京オリンピックをつなぐこどもたちの演奏は、伝統を引き継ぐ栄光の架橋となり、未来へも続いて行くことでしょう。

 水神小では、鼓笛隊だけでなく歯磨き等の歯科保健への取組、カーボンマイナスこどもアクションへの継続的な取組等、伝統的な取組がたくさんあります。私は、水神小というと、以前卒業式で聴いた心に響く歌声が忘れられません。

 改めて、60周年おめでとうございます。直前に行われた6年生の「思い出プロジェクト水神2020」でもPTAや地域の皆様の大きなご支援をいただいたと伺っています。祝う会、PTA、地域の皆様、教職員の皆様、ありがとうございました。

 

江東区教育委員会 教育長 本多健一朗

お問い合わせ

教育委員会事務局 庶務課 教育政策調整係 窓口:区役所6階1番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-8542

ファックス:03-5690-6911

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?