• スポーツと人情のまちでおもてなし エスコート Special たくさんのSがある特別なまち 江東区

ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

山東京伝誕生の地

山東京伝は江戸時代後期の戯作者で、宝暦11年(1761)深川木場の質屋の長男として生まれ、文化13年(1861)9月7日、56歳で没した。本名岩瀬醒、通称京屋伝蔵といい、浮世絵もよくし、画号を北尾政演といった。安永2年(1773)13歳の時に、父とともに京橋へ転居し、京橋に住む伝蔵を略して京伝と称した。最初の作品は18歳の時に出版した黄表紙『開帳利益札遊合』であり、その後、狂歌、洒落本へと領域を広げた。天明2年(1782)に発表した『御存商売物』が太田南畝(蜀山人)に認められ、作家として一躍有名になった。代表作に『江戸生艶気樺焼』『古契三娼』などがある。江戸町人の粋と通を描き、滑稽と諷刺が歓迎された。弟に戯作者の山東京山、弟子に平野で生まれた滝沢馬琴がいる。

郵便番号 135-0042
住所 木場4・5付近
地区 深川
所在地(所有者)
登録年月日 1982年4月10日

お問い合わせ

地域振興部 文化観光課 文化財係 窓口:区役所4階32番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9819

ファックス:03-3647-8470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?