• スポーツと人情のまちでおもてなし エスコート Special たくさんのSがある特別なまち 江東区

ここから本文です。

更新日:2019年1月25日

霊雲院跡

霊雲院(れいうんいん)は曹洞宗で龍穏寺(りゅうおんじ・埼玉県入間郡越生町)の末寺であり、天王山福源寺と称しました。開山は放光東明(ほうこうとうめい)和尚〔寛政4年(1792)没〕です。

東明は、幼少の頃から才智人に優れ、長ずるにしたがってその名は全国に知られるようになり、8代将軍吉宗の耳に入り、城中に招かれました。さらに東明は宝暦8年(1758)、下総国(千葉県)にあった嶺雲院を深川に移し、「嶺」を「霊」と改めて霊雲院の開山となり、翌9年に朱印地200石を賜りました。『江戸名所図会』によれば天保の頃には俗に「深川の新寺」と呼ばれていたといいます。霊雲院の桜は、葛飾北斎の「絵本隅田川両岸一覧」に「市中の花」として描かれるほど有名でした。

戦後、東村山市へ移転しました。

郵便番号 135-0024
住所 清澄1-4・5・6・7付近、同2-5・9・10・11付近
地区 深川
所在地(所有者)  
登録年月日 1982年3月15日/2017年4月住所変更

お問い合わせ

地域振興部 文化観光課 文化財係 窓口:区役所4階32番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9819

ファックス:03-3647-8470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?