• スポーツと人情のまちでおもてなし エスコート Special たくさんのSがある特別なまち 江東区

ここから本文です。

更新日:2022年2月8日

清洲橋

清洲橋

清洲橋

「中洲の渡し」と呼ばれる渡し場に架橋された清洲橋は、永代橋とともに震災復興局によって計画された鋼鉄橋です。「清洲橋」の名は西詰の日本橋区中洲町、東詰の深川区清住町の1字をとりました。
計画にあたって震災復興局では、重厚かつ雄大で男性的な永代橋と対になるように繊細で女性的なデザインを意図し、当時世界最美の橋と呼ばれたドイツケルン市の大吊り橋をモデルとして自碇式吊橋が採用されました。設計は永代橋と同じく太田圓三を中心に鈴木精一が行いました。大正14年(1925)3月に着工、昭和3年(1928)3月に竣工しました。長さ186.3m、幅22mで、基礎工事にはニューマチックケーソン工法、橋を吊るアイバーケブルにはデュコール鋼が採用されました。
*清洲橋は平成19年6月18日に国指定重要文化財(建造物)に指定されました。

住所 清澄1~中央区日本橋中洲
地区 深川
所在地(所有者) 東京都
登録年月日 2007年10月26日

お問い合わせ

地域振興部 文化観光課 文化財係 窓口:区役所4階32番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9819

ファックス:03-3647-8470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?