• スポーツと人情のまちでおもてなし エスコート Special たくさんのSがある特別なまち 江東区

ここから本文です。

更新日:2022年2月2日

深川不動堂旧本堂

深川不動堂旧本堂

深川不動堂旧本堂

桁行5間、梁間6間、一重入母屋造、瓦葺、千鳥破風付の本堂です。
文久年間(1861~64)の作で、もとは千葉県印旛郡本埜村にある天台宗寺院龍腹寺の地蔵堂でした。不動堂の本堂が東京大空襲によって焼失したため、本山成田山新勝寺主導のもとで再建が行われました。
しかし、戦後の厳しい木材統制の中、新築は認められなかったため、龍腹寺地蔵堂を移築することになり、昭和26年に竣工しました。地蔵堂が選ばれた理由は、新勝寺の安政の本堂(現釈迦堂:国指定重要文化財)と同じ工匠(八木紋次郎)の作と考えられたためです。
建築的な特徴としては、ほぼ正方形であること、入口が2間分と広くとられていることがあげられます。これは新勝寺釈迦堂も同様で、ここに同一工匠の特徴がよく示されています。

住所 富岡1-17-13
地区 深川
所在地(所有者) 深川不動堂
登録年月日 2007年10月26日/2008年3月28日指定/2016年4月名称変更

お問い合わせ

地域振興部 文化観光課 文化財係 窓口:区役所4階32番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9819

ファックス:03-3647-8470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?