ホーム > こども・教育 > 学校教育 > 事業・取り組み > 江東区版GIGAスクール構想について

ここから本文です。

更新日:2021年7月11日

江東区版GIGAスクール構想について

GIGAスクール構想とは

GIGA(Global Innovation and Gateway for All)スクール構想とは、1人1台の情報端末と高速大容量のネットワークを一体的に整備することで、多様なこどもたちを誰ひとり取り残すことなく、こどもたち1人ひとりに公正に個別最適化され、資質・能力を一層確実に育成できる教育ICT環境の実現を目指す国の施策です。

江東区の取り組み状況

令和3年4月から、区立小中学校、義務教育学校のすべての児童・生徒に情報端末(Chromebook)を貸与し、活用を始めました。
活用にあたっては、1月より区内2校(南陽小学校・南砂中学校)で実施した先行導入の成果を生かしつつ、端末とこれまでの教育実践の成果を上手に組み合わせながら、こどもたちと教員の力を最大限に引き出す「江東区の新しい学びのスタイル」を確立していきます。

活用の方法

ご家庭で

  • オンライン教材を活用した「予習」
  • 理解度に応じた「復習」
  • 興味、関心に応じた「調べ学習」

学校で

  • 全員が自分の意見で参加
  • 理解度に応じた個別学習

情報端末について

 日本HP Chromebook x360 11 G3 EE(Wi-Fiモデル)

 Chromebook

  • 学校での活用だけでなく、家庭へ持ち帰って、宿題や配布物などの電子化を進め、授業と家庭学習のリンクを促進します。
  • 学校が休校などの非常時にも、家庭と学校とオンラインでつなぎ、双方向の授業を実施するなど、学びの保障を確保します。

ご家庭向けのリーフレット・マニュアルについて

情報端末(Chromebook)をご家庭でもご利用いただくため、江東区版GIGAスクール構想の概要や端末利用にあたってのお願いを記載したリーフレットと、Chromebookの操作マニュアルを作成しました。

KOTOオンライン・マガジン

オンライン・マガジンGIGAスクール構想の推進を図るために、各校の実践事例やChromebook活用のポイント等について、教育委員会から区立小中学校、義務教育学校に配信しています。このページにはその一部を掲載します。

関連ページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局 学務課 学校経理係 窓口:区役所6階2番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9176

ファックス:03-3647-9053

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?