ホーム > こども・教育 > 学校教育 > 事業・取り組み > 江東区立幼稚園の今後の方向性を決定(平成31年4月17日内容更新)

ここから本文です。

更新日:2019年4月17日

江東区立幼稚園の今後の方向性を決定(平成31年4月17日内容更新)

 平成30年7月に意見募集を実施した「江東区立幼稚園の今後のあり方に関する基本方針(案)」について、寄せられたご意見等を参考にし、9月に「江東区立幼稚園の今後のあり方に関する基本方針」を策定しました。

 基本方針に基づき、区立幼稚園のあり方について検討を進めてきましたが、このたび今後の方向性を決定しましたのでお知らせします。

今後の方向性の概要

1 3歳児保育および預かり保育を開始

 3歳児保育および預かり保育については、保護者の就労にも対応するため、これまで待機児童が多く、今後も幼児人口の増加が見込まれる豊洲地区と、3歳児からの就園機会を確保するため、私立幼稚園がない東陽地区で実施します。

 実施園の選定にあたっては、3歳児の学級数をより多く編成することや、預かり保育のための保育室を確保する観点から、保育室数がもっとも多い幼稚園を選定しました。実施園は下記表のとおりです。

○3歳児保育および預かり保育の実施園

園名 所在地 実施時期
南陽幼稚園 東陽2-1-14 平成32年4月
豊洲幼稚園 豊洲4-4-4 平成32年4月

2 認定こども園への転換

 認定こども園は、基本方針に基づき、平成36年度を目途に1園整備します。

 なお、認定こども園の運営形態(区立園のまま運営するのか、私立園として運営するのか)や、園の規模(利用定員等)については、今後も検討を行い決定していきます。

○認定こども園に転換する園

園名 所在地 実施時期
大島幼稚園 大島5-38-1 平成36年度を目途に実施

3 適正配置(廃園)の実施

 上記の1及び2の実施とあわせ、平成36年度までに4園を廃園します。廃園を実施する園や実施年度は下記のとおりです。

 廃園する園は、周辺の区立、私立幼稚園との立地関係、園舎老朽化の進み具合や保育室数等の設備上の課題、現在の園児数の実態と所在地区の将来的な園児人口の推計等を総合的に検討して選定しています。

○廃園をする園

園名 所在地 実施時期
もみじ幼稚園 大島8-21-9-101 平成34年3月末
小名木川幼稚園

北砂5-22-10

小名木川小学校内

平成34年3月末
ちどり幼稚園 古石場1-11-11 平成36年3月末
川南幼稚園

千石2-9-12

川南小学校内

平成37年3月末

それぞれ廃園年度には年長園児(5歳児)のみで保育を実施します。また、園児募集の停止時期は下記「関連ファイル」に添付の資料をご確認ください。

 今後の方向性については、下記「関連ファイル」に掲載の資料もご覧ください。ご理解、ご協力をお願いします。

 なお、今後の方向性に関するお問い合わせ、ご意見等につきましては下記「お問い合わせフォーム」よりお寄せください。いただいたご意見等は後日集約のうえ、区としての考え方と合わせて公表します。(個別の回答はいたしません。あらかじめご了承ください。)

4 今後の方向性に関する区民意見等及び本区としての考え方(平成31年4月17日更新)

 「江東区立幼稚園の今後の方向性」に関するご意見等につきましては、公表以来多数の方より頂戴しました。ご意見等をお寄せいただきありがとうございました。

 これまでに頂戴したご意見等を集約の上、ご意見に対する区としての考え方をまとめましたので公表いたします。資料については、下記の「関連ファイル」に掲載しています。

関連ファイル

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局 学務課 幼稚園係 窓口:区役所6階2番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9703

ファックス:03-3647-9053

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?