ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

べっ甲細工

べっ甲細工 磯貝實

べっ甲を用い、簪、帯留めなどの和装小物、ネックレス、ブレスレット、イヤリングなどを製作する。べっ甲は熱帯産の玳瑁という海亀の角質鱗板部分(にかわ質)を加工したものである。湿気を与えて加熱すると、接着剤なしで張り合わせたり、曲げても剥離しないという特徴を持つことから、装飾品の材料として使われてきた。現在は国際条約により輸入が禁止され、貴重なものとなっている。
磯貝氏は、昭和23年(1948)に墨田区横網で生まれ、同42年に父庫太氏について技術を習得した。同50年27才で墨田区東駒形に店を出して独立した。現在地には同61年に移った。
平成3年の東京都伝統工芸後継者展、同5年の東京都伝統工芸品展に参加して実演を行い、またヨーロッパ各地で実演を披露するなど、べっ甲の普及活動に努めている。

郵便番号 136-0071
住所 亀戸3
地区 城東
所在地(所有者) 磯貝 實
登録年月日 2002年3月29日

お問い合わせ

地域振興部 文化観光課 文化財係 窓口:区役所4階32番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9819

ファックス:03-3647-8470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?