ホーム > くらし・地域 > 年金 > 国民年金 > 国民年金の届出 > 海外へ転出するとき

ここから本文です。

更新日:2020年6月16日

海外へ転出するとき

国民年金の第1号被保険者の方が海外への住民異動届を提出された場合、転出日の翌日付で第1号被保険者の資格は喪失となり、保険料の納付の義務がある国民年金の強制加入被保険者ではなくなります。

 

<日本国籍の方>

海外在住期間も引き続き国民年金保険料の納付を希望される場合は、日本国籍の方に限り国民年金に任意で加入することができます(在外任意加入)。

(注意1)在外任意加入を希望される方は区役所年金係または江東年金事務所国民年金課で加入の届出が必要です。出張所・豊洲特別出張所ではお取り扱いできません。

(注意2)在外任意加入をされない場合、海外在住期間は合算対象期間として老齢基礎年金を受給するための受給資格期間には算入されますが、受給する年金額には反映されません。

 

<外国籍の方>

在外任意加入はできません。海外在住期間は未加入期間となります。

老齢基礎年金の受給資格期間を満たさずに出国した方で、国民年金の第1号被保険者期間が6ヶ月以上ある方、または厚生年金保険の被保険者期間が6ヶ月以上ある方は、脱退一時金の請求が可能です。区役所では手続きができませんので、江東年金事務所(電話03-3683-1231「2」→「2」)へお問い合わせください。

在外任意加入を希望されない方

区民課住民記録係、出張所、豊洲特別出張所で海外への住民異動届をされる際に、在外任意加入を希望しない旨をお申出ください。住民票の異動処理に伴い国民年金第1号被保険者の資格喪失処理がなされますので、年金に関する届出は不要です。

 

(注意1)海外在住期間は合算対象期間として老齢基礎年金を受給するための受給資格期間には算入されますが、受給する年金額には反映されません。また、海外への住民異動届を提出せずに出国した場合は、合算対象期間にならず、未納期間となりますのでご注意ください。

(注意2)保険料納付の時効や免除等申請の申請期限は2年1ヶ月以内です。帰国時に納付や免除等申請ができない期間が生じることがないよう、海外転出前には未加入期間・未納期間の確認をしてください。

(注意3)海外転出による資格喪失日(出国日の翌日)の月以降の保険料をすでに納付している場合は原則保険料は還付されます(2年1ヶ月以内に未納期間がある場合は充当される)。還付に関するご案内は日本年金機構より送付されます。

(注意4)在外任意加入をしていない方が、海外在住期間中に初診日のある病気やけがなどで日常生活に著しく支障のある障害の状態となっても障害基礎年金の支給対象とはなりません。また、海外在住期間中に亡くなられた場合、亡くなった方が老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていなければ遺族基礎年金の支給対象とはなりません。

在外任意加入を希望される方

対象者

在外任意加入ができる方は、次の要件をすべて満たしている方です。

  • 海外在住の20歳以上65歳未満の日本国籍を有する方
  • 厚生年金保険に加入していない方
  • 厚生年金保険に加入中の配偶者に扶養されていない方

在外任意加入期間の取り扱い

  • 任意加入期間は保険料免除等の申請はできません
  • 任意加入して保険料を納めた期間は保険料納付済期間として取り扱われ、老齢基礎年金の受給額に反映されます
  • 任意加入しても保険料を納めなかった期間は、合算対象期間として老齢基礎年金を受給するための受給資格期間には算入されますが、受給する年金額には反映されません
  • 任意加入期間中に初診日のある病気やけがなどで日常生活に著しく支障のある障害の状態となったときは、障害基礎年金を請求することができます。また、任意加入期間中に亡くなられた場合は、亡くなった方の遺族が遺族基礎年金を請求することができます。ただし、障害基礎年金、遺族基礎年金の支給にはその他要件の審査がありますので、詳しくは本ページ下部の関連ページをご覧ください。

必要な書類

  1. 年金手帳や基礎年金番号通知書など日本年金機構が送付した基礎年金番号がわかる書類
  2. 個人番号(マイナンバー)がわかるもの(マイナンバーカードまたはマイナンバーが記載された住民票)
  3. 本人確認ができる書類(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

(注意1)在外任意加入する場合、国内にいるご親族の方等に「国内協力者」となっていただく必要があります。申請書に国内協力者の方のお名前、続柄、郵便番号、ご住所、電話番号を記入いただきますのでご用意ください。

(注意2)口座振替やクレジットカードによる納付を希望される場合は、「通帳+口座届出印」もしくは「クレジットカード」をあわせてお持ちください(海外転出前に第1号被保険者で口座振替やクレジットカードによって納付をされていた方もお持ちください)。なお、国内協力者がいない場合は、必須となりますのでご注意ください。

(注意3)年金事務所で代理の方がお手続きされる場合は、上記の書類に加えて以下の書類が必要です。区役所で代理の方がお手続きされる場合は、区役所年金係にご相談ください。

お手続き先

区民課住民記録係(区役所2階3番窓口)または出張所・豊洲特別出張所での住民票異動手続き完了後に、在外任意加入の届出をしてください。また、最終住民登録地や国内協力者の有無によってお手続き先は異なりますのでご注意ください。

 

最終住民登録地が江東区の方

<国内協力者がいる場合>

【江東年金事務所国民年金課】

江東区亀戸5-16-9

電話03-3683-1231

【江東区役所区民課年金係】

江東区役所本庁舎隣防災センター2階20番窓口

江東区東陽4-11-28

電話03-3647-1131

(注意)出張所・豊洲特別出張所ではお手続きができませんのでご注意ください

 

<国内協力者がいない場合>

【江東年金事務所国民年金課】

江東区亀戸5-16-9

電話03-3683-1231

(注意)区役所・出張所・豊洲特別出張所ではお手続きができませんのでご注意ください

 

最終住民登録地が江東区以外の方

最終住民登録地を管轄する年金事務所(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

在外任意加入を途中でやめるとき

在外任意加入は途中でやめることもできます。途中でやめたいときは、以下の書類をご用意のうえ、最終住民登録地を管轄する年金事務所または市区町村の役所でお手続きをしてください。

<必要な書類>

  1. 年金手帳や基礎年金番号通知書など日本年金機構が送付した基礎年金番号がわかる書類
  2. 個人番号(マイナンバー)がわかるもの(マイナンバーカードまたはマイナンバーが記載された住民票)
  3. 本人確認ができる書類(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

(注意)年金事務所で代理の方がお手続きされる場合は、上記の書類に加えて以下の書類が必要です。区役所で代理の方がお手続きれる場合は、区役所年金係にご相談ください。

関連ページ

関連施設

関連リンク

お問い合わせ

区民部 区民課 年金係 窓口:防災センター2階20番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-1131

ファックス:03-3647-9415

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?