ホーム > くらし・地域 > 年金 > 国民年金 > 国民年金の届出 > 任意加入をしたいとき

ここから本文です。

更新日:2018年12月4日

任意加入をしたいとき

国民年金の強制加入期間終了の満60歳の時点において老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方や、受給資格期間は満たしていても満額の老齢基礎年金額に満たない方、また、海外に転出した方(日本国籍の方に限る)はお申出により国民年金に任意で加入することができます。任意加入は、お申出された月からの加入となります。

(注意1)任意加入期間は保険料免除等の申請はできません

(注意2)厚生年金保険加入中の方や厚生年金保険加入中の配偶者に扶養されている方は任意加入はできません

 

任意加入の種類

高齢任意加入

国民年金の強制加入期間終了の満60歳の時点において、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方や、受給資格期間は満たしていても満額の老齢基礎年金額に満たない方は65歳になるまで任意加入ができます。

(注意)厚生年金加入中の方や老齢基礎年金を繰上げ請求している方は加入できません

 

特例高齢任意加入

昭和40年4月1日以前に生まれた方で、満65歳の時点において老齢基礎年金の受給資格を満たしていない方は、70歳到達の前月までの間で受給資格を満たすまでの期間、任意加入ができます。

(注意1)厚生年金加入中の方や老齢基礎年金の受給資格を満たした方は加入できません

(注意2)65歳以降は付加保険料の加入はできません

 

在外任意加入

海外在住期間も引き続き保険料を納付したい場合、日本国籍の方に限り国民年金に任意加入ができます。

(注意)在外任意加入期間についての取り扱い、お手続き等、詳しくは、関連ページ「海外へ転出するとき」へをご覧ください。

 

高齢任意加入・特例高齢任意加入のお手続きに必要な書類

  1. 年金手帳や基礎年金番号通知書など日本年金機構が送付した基礎年金番号がわかる書類
  2. マイナンバー(個人番号)がわかるもの
  3. 本人確認ができる書類(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
  4. 通帳および口座届出印
  5. 戸籍謄本(特例高齢任意加入をする方は必要です。提出は後日でもかまいません。)
  6. 在学証明書(特例高齢任意加入をする方で、平成3年3月以前に20歳以上の昼間部の学生で国民年金に任意加入しなかった期間があった方は合算対象期間の確認のために必要です。提出は後日でもかまいません。)

 

(注意1)高齢任意加入、特例高齢任意加入の納付方法は、原則口座振替となります。ただし、納付書による年度途中(納付書作成に間に合う月)から年度末または翌年度末までの前納や、クレジットカードによる納付も可能となることがありますのでご相談ください。

(注意2)満60歳の時点で国民年金に加入していて口座振替やクレジットカードによって納付をされていた方も、国民年金の種別が変わることになりますので、口座振替/クレジット納付の申出が再度必要です。

(注意3)年金事務所で代理の方がお手続きされる場合は、上記の書類に加えて以下の書類が必要です。区役所で代理の方がお手続きされる場合は、区役所年金係にご相談ください。

 

お手続き先

【江東区役所区民課年金係】

江東区役所本庁舎隣防災センター2階20番窓口

江東区東陽4-11-28

電話03-3647-1131

 

【江東年金事務所国民年金課】

江東区亀戸5-16-9

電話03-3683-1231

 

関連ページ

関連施設

関連リンク

お問い合わせ

区民部 区民課 年金係 窓口:防災センター2階20番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-1131

ファックス:03-3647-9415

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?