ホーム > くらし・地域 > マイナンバー制度 > マイナンバーカード > マイナンバーカードの暗証番号再設定について

ここから本文です。

更新日:2021年3月16日

マイナンバーカードの暗証番号再設定について

マイナンバーカードに設定した暗証番号を忘れてしまった場合や暗証番号の入力を連続して3回(署名用電子証明書は5回)間違えてしまった(ロックがかかってしまった)場合、暗証番号の再設定が必要です。

手続き場所

暗証番号の再設定手続きは、区役所本庁舎2階3番窓口または区内7箇所ある出張所・豊洲特別出張所で受け付けています。

郵送や電子メール、インターネットを介した公的個人認証サービスを利用しての暗証番号の再設定等はできません。

受付時間

  • 平日:8時30分~17時(水曜延長窓口は19時まで)(*1)
  • 日曜開庁日:9時~16時(*2)(*3)

(*1)19時以降は電子証明書の管理システムに制限がかかるため、混雑状況によっては時間内に発券された方でもお取扱いができない場合もございますので、お時間に余裕を持ってお越しください。

(*2)日曜開庁日は原則第2日曜日ですが、月によって変更することがあります。詳しくは、ページ下部の関連ページ「水曜延長窓口・日曜窓口・臨時窓口」をご確認ください

(*3)水曜延長窓口・日曜窓口は、区役所本庁舎2階3番窓口と豊洲特別出張所のみ

手数料

  • 無料

本人が手続きをする場合

お持ちいただくもの

  • マイナンバーカード(有効期限内のもの)
  • 身分証明書(運転免許証や健康保険証、年金手帳等)

法定代理人が手続きをする場合

法定代理人及び本人の来庁が必要となります。

暗証番号を忘れてしまった、ロックしてしまったマイナンバーカードをお持ちの方が15歳未満、成年被後見人の場合が該当します。

お持ちいただくもの

  • 暗証番号を再設定するご本人のマイナンバーカード
  • 暗証番号を再設定するご本人の本人確認書類(マイナンバーカードの他にもう1点(健康保険証、医療証等))
  • 法定代理人の本人確認書類2点(官公署が発行した顔写真付き本人確認書類1点のほか、もう1点)

代理権の確認書類

本人が15歳未満の場合

(*4)親権者の方がお子様と同一世帯の世帯主でかつ、住民票で親子の確認ができる場合または本籍が江東区にある方は不要です。

(*5)外国人の方は、続柄を証明する書類。

(*6)本人と住民票において同一世帯の法定代理人がご記入ください。

本人が成年被後見人の場合
  • 成年後見登記事項証明書

任意代理人が手続きをする場合

任意代理人の方がお手続きされる場合については、事前にページ下部にある「お問い合わせ」先に手続き方法をご確認ください。

 

※今後、東京都より休業要請が実施された場合は、水曜延長窓口・日曜窓口が中止となる場合がありますので、ご利用時は、区ホームページで開設状況をご確認いただきますようお願い申し上げます。

関連ページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

区民部 区民課 住民記録係 窓口:区役所2階3番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-3162

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?