ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

東都三十三間堂旧記

平成18年度に区指定文化財(深川2・正覚寺所蔵)となった古記録の全巻(第1~6巻)を刊行しました。

『東都三十三間堂旧記』は深川の代表的な名所である三十三間堂の堂守、鹿塩氏が書き綴った古記録です。
『東都三十三間堂旧記』は全8編で構成されており、各巻の内容は、以下の様になっています。

1巻:一番・寛永19年~元禄17年(1642~1704)
2巻:二番・宝永5年~寛保3年(かんぽう3ねん)(1708~43)
3巻:三番・延享2年(えんきょう2ねん)~安永9年(あんえい9ねん)(1745~80)
4巻:四番・天明元年~寛政9年(1781~97)
5巻:五番・文化元年~7年(1804~10)
6巻:六番・文化2年~7年(1805~10)、
七番・正徳元年(しょうとく)~4年(1711~14)、
附録・鹿塩家由緒書、系図

第6巻は六番・七番・附録の1冊で構成されています

第1~6巻
2009(平成21)年3月~2016(平成28)年3月刊
B5判:66~119頁:各1,000円(送料1~5巻:310円、6巻:215円)

東都三十三間堂旧記6・7・附録表紙

お問い合わせ

地域振興部 文化観光課 文化財係 窓口:区役所4階32番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9819

ファックス:03-3647-8470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?