ホーム > 環境・まちづくり > 都市整備 > まちづくりの方針・計画・会議 > 江東区都市計画マスタープラン2022

ここから本文です。

更新日:2023年10月20日

江東区都市計画マスタープラン2022

『江東区都市計画マスタープラン2022』について

 江東区では、平成23年に都市計画に関する基本的な方針として「江東区都市計画マスタープラン」を策定しました。

 策定から10年以上が経過する中で、区を取り巻く社会情勢は大きく変化しています。

 その中で、自然災害への備え、ゼロカーボンシティ、地下鉄8号線延伸の早期事業化、新駅2駅を中心としたまちづくり、オリンピック・パラリンピックのレガシーの活用を含む臨海部のまちづくり、新しい生活様式への対応など、様々な課題に対して果敢に取り組んでいく必要があります。

 このような変化を踏まえ、区民の皆さんとともに、持続的に発展するまちづくりを目指して、令和4年3月、『江東区都市計画マスタープラン2022』を策定しました。

 内容については、関連ドキュメントよりご確認ください。

 また、都市計画課の窓口、こうとう情報ステーションで閲覧、有償頒布(1200円)しています。区立図書館でも閲覧可能です。

関連ドキュメント

進行管理(江東区都市計画マスタープラン2022推進会議)について

 「江東区都市計画マスタープラン2022推進会議(以下、推進会議)」において、下記案件の意見聴取を行っています。資料および意見の公開状況については、案件(URLリンク)よりご確認ください。

*推進会議は、江東区都市計画マスタープラン2022の成果管理及びまちづくり方針等の策定について、学識経験者の専門的知見による意見を聴取するための会議です。学識経験者については、委員名簿よりご確認ください。

*推進会議の公開については、以下のとおり行います。

1.会議の公開

 会議録及び会議資料を区ホームページに掲載する。

2.会議録の記載内容

 ・議題及び議事概要

 ・出席した委員の氏名

 ・発言者及び発言内容

 ・その他委員長が必要と認めた事項

 なお、発言者については氏名を記載せず、委員、事務局等の区別により記載を行い、発言された内容については、その要旨を記載する。

案件(URLリンク)

学識経験者

江東区都市計画マスタープラン2022の成果管理について

 「江東区都市計画マスタープラン2022」では、プランの着実な推進に向けて成果管理を行うこととしています。推進会議にて報告していますので、以下よりご確認ください。

推進会議における成果管理報告

区民等の意見の反映

 「江東区都市計画マスタープラン2022」の策定にあたっては、区民等の意見を計画に反映するため、深川・城東・南部の3つの地域で地区別ワークショップを開催するとともに、パブリックコメント(意見募集)を実施しました。

地区別ワークショップについて

 地区別ワークショップ(深川・城東・南部)は、コロナ禍の状況を考慮して、区民ワークショップと学生ワークショップに分けるとともに、オンラインのワークショップを一部導入するなど、直接的な接触を極力回避して開催しました。

 内容については、関連ドキュメントよりご確認ください。

関連ドキュメント

 【地区別ワークショップ】

 【区民ワークショップ】

 【学生ワークショップ】

パブリックコメント(意見募集)について

 江東区都市計画マスタープラン(中間のまとめ)について、パブリックコメントを実施しました。

 多くのご意見をお寄せいただきまして、ありがとうございました。

 概要とご意見に対する区の考え方は、関連ドキュメントよりご確認ください。

関連ドキュメント

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 都市計画担当(都市づくり調整)

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽4-11-28

電話番号:03-3647-9439

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?