ホーム > 環境・まちづくり > 都市整備 > まちづくりの方針・計画・会議 > 江東湾岸エリアにおけるオリンピック・パラリンピックまちづくり基本計画アウトライン

ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

江東湾岸エリアにおけるオリンピック・パラリンピックまちづくり基本計画アウトライン

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは、江東区に多くの競技場が設置される予定です。

江東区では、大会開催時だけでなく、開催後も持続的に発展していくために、平成26年5月、「江東湾岸エリアにおけるオリンピック・パラリンピックまちづくり基本計画アウトライン」を策定しました。本アウトラインでは、オリンピック・パラリンピックのレガシーを活かしたまちづくりの推進を目指し、競技場設置地区とその周辺地区を主として、ゾーン別の目標や実現に向けた視点とオリンピック・パラリンピック施設設計に反映すべき方策を取りまとめました。

平成26年7月3日には、本アウトラインにおけるオリンピック・パラリンピック施設設計に反映すべき方策を東京都に提案したところです。

内容については、本ページ下部の関連ドキュメントをご覧ください。

関連ドキュメント

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 まちづくり推進課 まちづくり担当(事業推進) 窓口:区役所5階23番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9714

ファックス:03-3647-9009

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?