ホーム > こども・教育 > こどもの医療 > 予防接種 > 日本脳炎ワクチンの供給状況について

ここから本文です。

更新日:2021年3月24日

日本脳炎ワクチンの供給状況について

 日本脳炎ワクチンを製造している2社のうち、1社のワクチン製造が一時停止した影響を受けて、令和3年度の特に前半にワクチンの供給量が大幅に減少し出荷量の調整が行われる見込みです。

 供給量が安定するまでの間、4回接種のうち、1期初回2回(1回目及び2回目)の接種を優先いただくようお願いいたします。

 ただし、定期接種として接種期限が近づいている場合は、定期接種で受けられる年齢を過ぎないように必ず事前に医療機関へ相談し、予約をとって接種してください。

 上記に伴い、個別に予診票の送付を行う対象者に一部変更があります。下記の「予診票の送付について」をご確認ください。

予診票の送付について

 令和3年度の個別通知は、平成30年(2018年)度生まれ(3歳)の1期初回2回及び平成15年(2003年)度生まれ(18歳)の特例2期のみ通知を行います。令和3年度の1期追加(4歳)及び2期(9歳)の接種対象者は、令和4年度に通知を行います。 

接種対象者

 1期(初回・追加)は生後6か月から7歳6か月未満の方、2期は9歳以上13歳未満の方が対象です。

 日本脳炎予防接種の標準的なスケジュールは、3歳のときに1期初回(1回目・2回目)、その概ね1年後(4歳)に1期追加(1回)、9歳のときに2期(1回)の合計4回の接種になります。

 日本脳炎の定期予防接種については、接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで接種のご案内を行いませんでしたが、その後新たなワクチンが開発され、現在は、通常通り受けられるようになっています。
また、積極的な勧奨の差し控えにより、日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃した方々への接種の機会を確保するために、特例措置が設けられています。

特例1

対象者

平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方で、日本脳炎予防接種(4回)を完了していない方

接種期限

20歳になる前日まで

特例2

対象者

平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方で日本脳炎1期予防接種(3回)を完了していない方

接種期限

9歳から13歳になる前日まで
※平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれ、及び平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれに該当しない方は、今回の特例の対象となりません。
※13歳以上の方は「保護者同意書」(下記関連ドキュメント参照)があれば保護者の同伴は不要です。同意書は、指定医療機関、各保健相談所及び保健予防課保健係にもおいてあります。

 

関連ドキュメント

関連リンク

関連ページ

お問い合わせ

健康部(保健所) 保健予防課 保健係 

郵便番号135-0016 東京都江東区東陽2-1-1

電話番号:03-3647-5906

ファックス:03-3615-7171

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?