ホーム > くらし・地域 > 税金 > 住民税(特別区民税・都民税)の申告・届出 > 【区民の方へ】各種様式ダウンロードと各ページへのリンク集

ここから本文です。

更新日:2023年3月7日

【区民の方へ】各種様式ダウンロードと各ページへのリンク集

  1. 申告に係る様式
  2. 納税管理人の申告に係る様式
  3. 相続人代表者の指定に係る様式
  4. 書類送付先の変更に係る様式
  5. 各種証明書に関する様式
  6. すべての書類の送付先

1.申告に係る様式

<関連ページ>

様式の種類 説明

1-0.特別区民税・都民税申告の手引き

申告書の書き方、手続き方法についてのご案内です。

1-1.特別区民税・都民税申告書 印刷してご利用ください。

1-2.医療費控除の明細書(医療費控除)

医療費控除の適用を受ける場合に使用します。この控除を受ける方は、「セルフメディケーション税制による医療費控除の特例」を受けることができませんので、ご留意ください。

なお、「セルフメディケーション税制による医療費控除の特例」を受ける場合は、左記と異なる書類の提出が必要です。詳細は課税課までお問い合わせください。

1-3.特別区民税・都民税申告書付表

上場株式等に係る配当所得等について、所得税と異なる課税方式(申告不要制度、総合課税、申告分離課税)を選択する際にご利用ください。納税通知書が送達される前に特別区民税・都民税申告書といっしょにご提出ください。

2.納税管理人の申告に係る様式

<関連ページ>

様式の種類 説明

2-1.納税管理人申告(承認申請・認定申請)書(PDF:54KB)(別ウィンドウで開きます)

海外へ出国されるなどの理由により、納税等に支障のある場合(書類の受領や納税ができなくなる場合)は、転出される前に納税管理人の申告をする必要があります。

納税管理人とは、納税義務者に代わり、納税に関する一切の手続き(書類の受領、納税や還付金の受領など)を行う方をいいます。

3.相続人代表者の指定に係る様式

<関連ページ>

様式の種類 説明

3-1.相続人代表者指定届

納税義務者が亡くなられたとき、納めていただくべき特別区民税・都民税が亡くなられた後にも残っている場合には、相続人に納めていただくことになります。

「相続人代表者届出書」にて届け出ていただいた相続人代表者に納税通知書等を送付します。

4.書類送付先の変更に係る様式

<関連ページ>

本手続きについては、PC・スマートフォンによる電子申請(東京共同電子申請・届出サービス)での届出が可能です。電子申請をご希望の場合は下記のリンクにアクセスしてください。

書面による届出を行う場合は、下記の様式をダウンロードし、印刷・記入した用紙を郵送してください。

様式の種類 説明

4-1.書類送付先変更(解除)届

一時的な転居など、やむを得ない事情のため、住民登録地と異なる場所で納税通知書等の書類を受け取りたい方は、「書類送付先変更」の届出が必要です。

なお、海外へ出国するなどの理由により、書類の受領や納税に支障がある場合は、2.「納税管理人の申告」を行ってください。

5.各種証明書に関する様式

<関連ページ>

 

様式の種類 説明

5-1.税証明交付申請書

窓口で証明書の交付を受ける際に使用します。窓口でも記入できますが、事前に用意していただくこともできます。印刷してご利用ください。

5-2.委任状(課税・非課税・納税証明用)

窓口で代理人の方が証明書の交付を受ける際に使用します。印刷して事前に記入していただきますようお願いいたします。便せん等に同じ内容を記載した形でも差し支えありません。

5-3.証明書交付申請書(郵送用)

郵送での請求する際に使用します。その他の必要書類をご確認のうえ、ご利用ください。

6.すべての書類の送付先

各種書類については、下記にご送付願います。

〒135-8383

江東区東陽4-11-28

江東区役所区民部課税課宛

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

区民部 課税課

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-8001~8002、8004

ファックス:03-3647-4822

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?