ホーム > くらし・地域 > 住民・戸籍の手続き > 戸籍関係届 > 離婚の際に称していた氏を称する届

ここから本文です。

更新日:2020年4月15日

離婚の際に称していた氏を称する届

離婚の際に称していた氏を称する届

離婚後も婚姻中の氏を名乗るための届出です。

届出期間

離婚と同時か、離婚の成立の日から3カ月以内

※協議離婚の場合は離婚届の届出日が成立の日となります。また、裁判離婚の場合は、離婚の調停・和解の成立日または審判・判決の確定日、請求の認諾が、成立の日になりますのでご注意下さい。

届出地

本籍地または所在地の区市役所・町村役場

江東区での受付窓口

江東区役所戸籍係(本庁舎2階1番窓口)

※豊洲特別出張所では、離婚の際に称していた氏を称する届を受付しておりませんので、お手数ですが、江東区役所戸籍係にお届け下さいますようお願いいたします。

受付時間

受付時間はこちら

届出人

婚姻により氏が変わった方

添付書類等

  • 届出先に本籍がないときは戸籍謄本
  • 届出人の印鑑(スタンプ印は不可)

離婚の際に称していた氏を称する届の用紙

注意

離婚の際に称していた氏を称する届を提出した後に、旧姓(婚姻前の氏)に戻す場合には、家庭裁判所で氏の変更許可の申し立てを行い、許可が出たのち氏の変更届が必要となりますので、ご注意ください。

関連ページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

区民部 区民課 戸籍係 窓口:区役所2階1番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-3163

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?