スポーツと人情のまちでおもてなし S-KOTO エスコート

ホーム > S-KOTO > 江東区の5つの魅力特集 > 水との触れ合い・豊かな水辺環境 > まるでジャングル!「夢の島」で熱帯の森を探検しよう

  • 江東区の5つの魅力特集
  • SPORTS スポーツの情熱と感動
  • WARMTH 人情と街のにぎわい
  • NATURE 緑の都市自然の安らぎ
  • WATERSIDE 水との触れ合い豊かな水辺環境
  • TRADITION 伝統・文化江戸情報

ここから本文です。

WATERSIDE

水との触れ合い豊かな水辺環境

まるでジャングル!「夢の島」で熱帯の森を探検しよう

2018年に開館30周年を迎える「夢の島熱帯植物館」。熱帯雨林をモデルにした約1,500平方メートルの大温室に、約900種類の植物が生い茂っています。隣接する「新江東清掃工場」の余熱を利用した施設で、大温室の暖房や館内の冷暖房、給湯などに必要なエネルギーは、すべて清掃工場から送られてくる高温水でまかなわれています。

滝の水音が響く大温室

滝の水音が響く大温室。ドームの高さは約28m。その天井に届く大きなヤシは圧巻です。草木の香りに包まれた室内は、年間を通じて気温20度、湿度60%ほどに保たれています。

温室には熱帯フルーツや小笠原諸島の固有種、食虫植物も!

大温室はA〜Cの3つのドームで構成されており、Aドームでは水辺の植物、Bドームではパイナップル(写真左下)、カカオ、バナナなど果実のなる植物、Cドームでは小笠原諸島の希少な固有種を観察することができます。滝の裏側を通る道や、ヤシの葉で屋根を葺いた熱帯の家もあり、まるでジャングルを探検しているかのような気分に!また、大温室の先にある日本唯一の「食虫植物温室」も必見。壺のような形の補虫袋をつけるウツボカズラ(写真右下)をはじめ、多彩な食虫植物のユニークな姿が見られます。

パイナップル

ウツボカズラ

カフェやイベントで、さらに熱帯植物を満喫

館内を見学した後は、大温室に面した「夢の島カフェ」でひと休み。緑の木々を眺めながら、ロコモコ750円(写真左下)などの南国にちなんだメニューが味わえます。タロイモ、マンゴー、ココナッツの3種類がそろう熱帯フルーツアイス各380円も人気です。さらに施設では、熱帯植物が身近に感じられるイベントを随時開催。「毎月第1、3土曜日には、熱帯植物に囲まれて音楽を楽しむ“ウィークエンドコンサート”を開催しています」と、館長の榎本浩さん(写真右下)。詳細はホームページを確認しましょう。

ロコモコ

館長の榎本浩さん

夢の島熱帯植物館

  • 住所:江東区夢の島2-1-2
  • 問合せ先:03-3522-0281
  • 時間:9時30分から17時00分(最終入館は16時00分まで)、夢の島カフェ11時00分~16時00分(ラストオーダー)
  • 休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日から1月3日
  • 料金:一般250円、65歳以上120円、中学生100円 小学生以下、および都内在住・在学の中学生は無料
  • 交通:JR京葉線、東京メトロ有楽町線、りんかい線「新木場」駅より徒歩13分、都営バス「夢の島」バス停より徒歩5分

おすすめ周辺のスポットをエスコート