ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症 > 認知症サポーターになりませんか(認知症サポーター養成講座)

ここから本文です。

更新日:2024年2月16日

認知症サポーターになりませんか(認知症サポーター養成講座)

 ▶認知症サポーターとは

 ▶認知症サポーター養成講座(1月以降の日程)  お申込みはこちら → 認知症サポーター養成講座申込フォーム(外部サイトへリンク)  

認知症とは

認知症とは、いろいろな原因で脳の司令塔の働きに不都合が生じ、さまざまな障害が起こり、生活に支障が生じるような状況が6か月以上続いている状態を指します。

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気によるものであり、アルツハイマー病など、認知症を引き起こす病気は複数あります。

2025年には、65歳以上の5人に1人が認知症の症状になるといわれています。

住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために

認知症の人は、「何もわからない」「何もできない」わけではありません。

特に初期では、本人が症状に気づき、「認知症かもしれない」と不安や悲しみを抱いていることが多くあります。

また、症状が進行すると、家族が介護に疲れ、疲弊してしまうことがあります。

尊厳をもって最期まで自分らしくありたい。それは誰しもが望むことです。

認知症の人やその家族が、住み慣れた地域で安心して穏やかに暮らし続けるために、周囲の人の認知症に対する理解と思いやりの手助けが必要です。

「認知症サポーター」とは 

「認知症サポーター養成講座」を受講すると、認知症サポーターになることができます。

認知症サポーターとは「なにか」特別なことをする人ではありません。

認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人やその家族を温かい目で見守る応援者です。

認知症は誰でもなる可能性があります。いつ自分や身近な人が認知症になるとも限りません。

今のうちから「自分の問題である」という認識を持つことが大切です。

認知症サポーターに期待されること

1.認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2.認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3.近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4.地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5.まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

期待されることのうち、無理なくできる事を実践してみてください。それが、認知症の人やその家族を温かい目で見守る応援になります。

「温かい目で見守ること」から一歩進んで、困りごとに手を差しのべる

認知症サポーター養成講座で学んだ知識をもとに、身近な方に対してや地域や職場で、認知症の人へのお手伝いを行っている方もいます。

認知症の人への声掛けや認知症カフェのお手伝いなど、活動は様々です。

「チームオレンジ」

認知症ご本人・その家族・認知症サポーターを中心とした⽀援者がともに活動し、認知症になっても安⼼して暮らし続けられる地域づくりの具体的活動が「チームオレンジ」です。

近所の方や気の合うメンバー、認知症ご本人やその家族とチームを組んで、早期からの継続⽀援(困りごとへの⽀援)を行うボランティア活動です。

チームオレンジメンバーとして活動するには、認知症サポーターステップアップ講座の受講が必要です。

「認知症サポーター養成講座」 

認知症の人とその家族の応援者である認知症サポーターを1人でも増やし、認知症になっても安心して暮らせる地域をつくるため、「認知症サポーター養成講座」を開催しています。

講座の概要

内容:認知症の症状についての理解や接し方の講義など、1回90分の講座です。

講師:研修を受けたキャラバン・メイト

認知症サポーター養成講座の定期開催

江東区では令和3年度より区民の方を対象に、認知症サポーター養成講座の定期開催を実施しています。

受講料(テキスト料)は無料です。

今後の日程 

実施日時

実施場所

定員(申込順)

1月23日(火)   

14時~15時30分

Zoomを利用したオンライン開催です。

受講生にもご発言いただくプログラムを予定しております。

ビデオ(カメラ)はオン、マイクはオン・オフ切替できるよう、ご準備をお願いいたします。

 

受付終了いたしました。

お申込みありがとうございます。

2月17日(土)

10時~11時30分

豊洲文化センター(豊洲2-2-18)

7階 サブレクホール

受付終了いたしました。

お申込みありがとうございます。

3月13日(水)

14時~15時30分

江東区文化センター(東陽4-11-3)

3階 レクホール

区内在住の方30人

 

※本講座は1回約90分の講座です。3回とも同じ内容ですので、お申込みの際はいずれかご希望の回をお選びください。

現在ご案内しております講座へのお申し込みは、下記リンクから

 ●認知症サポーター養成講座(3月)申し込みフォーム(外部サイトへリンク)

 

認知症サポーター養成講座の個別開催(講座開催までの流れ)

キャラバンメイトが出張で講座を行います。区民の方の集まりの際は、受講料(テキスト料)は無料です。

  1. 受講してくださる方々を集めてください。
    例:江東区内の自治会、町会、老人クラブ、学校、会社、お店、お友達の集まりなど、少人数でも構いません。
  2. 会場のご用意をお願いします。
  3. 地域の長寿サポートセンター(地域包括支援センター)へご連絡ください。開催日時等についてご相談させていただきます。
    (下記の関連ページ・関連施設をご覧ください。)

区内小中学校・義務教育委学校・高校・専門学校・大学での開催

区内小中学校・義務教育学校・高校・専門学校・大学などでキャラバンメイトが講座を行います。

小学生・中学生向けには、授業時間に合わせ45分~60分程度で、子ども向けテキストやアニメーションを使用した講座を行います。

ご希望の学校は、地域ケア推進課地域ケア係までご連絡ください。

「認知症サポーターステップアップ講座」

認知症サポーターが、「チームオレンジ」メンバーとして活動するには、認知症サポーターステップアップ講座の受講が必要です。

認知症サポーター養成講座で学んだことを土台に、実践の場で必要となる認知症に関する知識、身近に交流し必要に応じて手助けするための対応スキル等を習得することを目指します。

認知症サポーター養成講座受講者で、ご希望の方に講座のご案内をしています。地域ケア推進課地域ケア係までご連絡ください。

「認知症サポーターカード」は認知症サポーターの目印

認知症サポーター養成講座を受講した方には、認知症サポーターの目印として「認知症サポーターカード」をお渡ししています。

 認知症サポーターカード表認知症サポーターカード裏

関連ドキュメント

関連ページ

関連施設

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 地域ケア推進課 地域ケア係 窓口:区役所3階7番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-4398

ファックス:03-3647-3165

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?