ホーム > 環境・まちづくり > 環境保全 > 水環境 > ダイオキシン類調査(水質・底質)

ここから本文です。

更新日:2022年1月17日

ダイオキシン類調査(水質・底質)

調査概要

区では、江東区環境基本計画に基づき、河川の水質及び底質におけるダイオキシン類の調査を実施しています。

調査項目

河川水質中のダイオキシン類
河川底質(ヘドロ)中のダイオキシン類

<採取・分析方法>
日本産業規格(JIS/K0312)「工業用水・工場排水中のダイオキシン類の測定方法」および環境省「ダイオキシン類に係る底質調査測定マニュアル」に基づき実施しました。

調査地点

10地点を隔年で5地点ずつ調査し、調査地点が改修工事の期間は、代替地点で実施しています。

令和3年度は、清水橋の代替地点として旅所橋で実施しました。

  1. 偶数年度の調査地点
    (1)西深川橋(小名木川)
    (2)黒船橋(大横川)
    (3)東雲橋(東雲運河)
    (4)進開橋(小名木川)
    (5)葛西橋(荒川)
  2. 奇数年度の調査地点
    (1)福寿橋(大横川)
    (2)永代橋(隅田川)
    (3)海砂橋(横十間川)
    (4)清水橋(横十間川)
    (5)中川大橋(旧中川)

調査期間

令和3年10月5日

結果概要(令和3年度)

水質および底質について、全ての地点で環境基準に適合しました。

区は今後も調査を継続することにより、ダイオキシン類濃度の状況把握に努めます。

なお、東京都が都内河川の水質および底質のダイオキシン調査を行っています。

区の調査の経年変化および東京都の調査結果については、関連ドキュメント・リンクをご参照ください。

調査地点

水質(pg-TEQ/L)

底質(pg-TEQ/g)

(1)福寿橋(大横川)

0.089

54

(2)永代橋(隅田川)

0.12

30

(3)海砂橋(横十間川)

0.075

86

(4)旅所橋(横十間川)

0.34

51

(5)中川大橋(旧中川)

0.088

68

平均値(区実施)

0.14

58

平均値(都実施)※

0.23

16

環境基準

1以下

150以下

pg(ピコグラム):1兆分の1gを表す単位。

TEQ(毒性等量):ダイオキシン類の濃度を毒性を考慮して表した数字で、個々の異性体の量に毒性等価係数を乗じた値の総和。

※令和2年度の東京都の調査結果(参考)

採取試料(水質)

採取試料(底質)

関連ドキュメント

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境清掃部 環境保全課 調査係 窓口:防災センター6階8番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-6148

ファックス:03-5617-5737

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?