ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

乳がん検診

令和2年度の乳がん検診は、令和2年9月1日から開始予定です。

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、令和2年度の江東区の乳がん検診は開始日を遅らせて、令和2年9月1日(火曜日)より実施することとなりました。

感染拡大防止のため、ご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

なお今後、実施方法などの変更がある場合は、ホームページ上でお知らせいたします。

kotomi

 

令和2年度「乳がん検診」の内容です。

対象者

令和2年度内に偶数年齢となる40歳以上の女性区民の方を対象に、乳がん検診を実施します。
受診対象者の方には、8月下旬に受診券(シール)の入ったみどり色の封筒をお送りします。

国の「新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業」の受診対象者に該当する方(昭和54年4月2日~昭和55年4月1日生まれの女性区民の方)には、受診券(シール)は送らず、検診手帳と無料クーポン券をオレンジ色の封筒でお送りします。

転入等により受診券が郵送されていない対象年齢の方、または今年度奇数年齢の方で前年度(令和元年度)受診できなかった方は、検診開始以降(9月1日以降)健康づくり係までご連絡ください。確認のうえ受診券をお送りいたします。

受診間隔は、原則、2年に一度です。
*この検診は対象となる年度内に1回受けることができます。

検診内容

  1. 問診
  2. 視触診
  3. マンモグラフィ(乳房X線撮影)

検診期間

令和2年9月1日(火曜日)~令和3年2月20日(土曜日)(医療機関の休診日を除きます)
予約制の医療機関については、事前に直接医療機関へ予約を取ってから受診してください。

検診期間終盤は大変混み合い予約が取れない場合もあります。早めの受診をお勧めします。

検診費用

検診費用の一部、1,000円を自己負担していただきます。(オレンジ色の封筒で送付したクーポン券の対象者の方は、一律無料となります。)

ただし、下記に該当する方は、検診費用が免除されます。

〔検診費用の免除対象者〕

  • 平成31年度住民税非課税者(平成30年所得)(※寡婦(夫)控除のみなし適用により非課税となる方を含みます。)
  • 生活保護受給中の方

自己負担金欄に金額の記載がある方で令和2年度住民税非課税となった方または寡婦(夫)控除のみなし適用の申請については、健康推進課健康づくり係までお問い合わせください。

なお、この検診の結果、精密検査が必要となった場合、精密検査は保険診療(有料)となります。

実施医療機関(受診場所)

実施医療機関は、下記関連ドキュメント「令和2年度実施医療機関名簿」でご確認ください。郵送するご案内の中にも医療機関名簿を同封しています。名簿の中からご都合のよい医療機関を選んで受診してください。
1医療機関を除き予約制です。予約制の医療機関については、事前に医療機関へ予約を取ってから受診してください。

注意点(乳がん検診を受けられない方)

次の方は原則として乳がん検診を受診できません。

  • 豊胸手術を受けた方
  • ペースメーカーを装着されている方
  • 現在妊娠中または授乳中の方
  • 現在乳腺科で治療中または経過観察中の方

関連ドキュメント

関連ページ

問い合わせ先

江東区健康部(保健所)健康推進課健康づくり係

電話番号:03-3647-9487

ファックス:03-3615-7171

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。