ホーム > くらし・地域 > 住民・戸籍の手続き > 各種証明 > 住民票等の各種証明 > 住民票の窓口による請求方法について

ここから本文です。

更新日:2020年5月25日

住民票の窓口による請求方法について

お客様への新型コロナウイルスの感染防止のため、

住民票は、郵送もしくはコンビニ交付を利用しご請求くださいますようお願いします。

多くの方が窓口にいらっしゃると、それだけ感染拡大のリスクが高まります。

そのため、より多くの方に郵送・コンビニ交付のご利用にご協力くださいますようお願いします。

ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

住民票の郵送請求について(別ウィンドウで開きます)

コンビニ交付の利用方法について(別ウィンドウで開きます)

このページの項目について

下線の引いてある文字をクリックしていただければ、その項目まで移動します。

窓口の混雑データ

本庁舎2階4番窓口の週間混雑データ表

統計上のデータですので、目安としてお考えください

 
8時30分~9時00分
9時00分~10時00分
10時00分~11時00分
11時00分~12時00分 X X X
12時00分~13時00分 X X X X X
13時00分~14時00分 X X X X X
14時00分~15時00分 X X
15時00分~16時00分
16時00分~17時00分 X X
17時00分~18時00分        
18時00分~19時00分     X    

◎=空いている、〇=少し空いている、△=少し混んでいる、X=混んでいる

住民票を請求できる方について

1.ご本人、同じ住所のご親族

 窓口にいらっしゃる方を必ず確認させていただきます

本人確認資料の例

マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者カード、官公署発行の身分証明書(写真付き)、保険証、年金手帳など
身分証明書等をお持ちでない方は、お問い合わせください。

2.代理人

注意点

委任状(コピー不可)を提出していただきます

  • 委任状は、必ず委任者(頼む方)本人が書いてください。
  • 委任状には必ず、委任者(頼む方)と代理人(頼まれた方)の住所、氏名(フルネーム)、委任する内容(欲しい証明の種類や記載項目、通数など)を正確にお書きください。
  • 委任状において、委任者と代理人の住所、氏名、委任内容等に不備があれば、受け付けられない場合がございます。
  • 個人番号(マイナンバー)を記載した住民票の代理人請求では、証明書のお渡しは委任者の住民登録地宛郵送となります。切手をご用意ください。
  • 委任する内容は、日本語で書いていただくか、日本語の訳文を添えてください。
  • 訂正をする際は二重線で訂正し、訂正印を押印してください。
  • 漢字圏以外の外国籍の方が委任又は受任する場合は、委任状の氏名欄に在留カード等に記載されたアルファベット氏名とカタカナの両方を記載してください。

2-1.代理人請求(代理人が個人の場合)

以下のものをご用意ください。

  • 委任状(委任状は必ず委任者(頼む方)が全てご記入ください)
  • 代理人の本人確認書類※本人確認書類に関しては上記1.の例を参照してください。
  • 法定代理人の場合は権限確認ができる書類(発行から三ヶ月以内のもの)

2-2.代理人請求(代理人が法人の場合)

以下のものをご用意ください。

  • 委任者(個人)から代理人(法人)への委任状(委任状の代理人欄には法人の所在地、名称を記載してください。)
  • 来庁者が法人に所属していることが確認できる社員証・職員証等(名刺は不可)及び運転免許証等の本人確認書類
  • 社員証等がない場合は、代わりに上記法人から来庁者(従業員等)への委任状を別途ご用意ください。代理人欄には従業員の住所、氏名を記載してください。委任者欄には法人の名称と所在地を記載し、社判を押印してください。※こちらの場合も本人確認書類が必要になります。
  • 申請書(代理人(法人)の社判を申請書に押印してください。)
  • 本人確認書類に関しては上記1.の例を参照してください。

3.第三者(他人)

個人の場合

住民票を使う方と証明して欲しい方との関係及び請求理由がわかる資料などを提出していただきます

  • それぞれの住所、氏名(フルネーム)が書かれていないと受け付けられません。

いらっしゃる方のご本人確認を必ずさせていただきます

  • 本人確認書類に関しては上記1.の例を参照してください。

法人等の場合

会社と証明して欲しい方との関係及び請求理由がわかる資料などを提出していただきます

  • それぞれの住所、氏名(フルネーム)が書かれていないと受け付けられません。

社員証または、会社からの委任状が必要になります。

  • 請求される会社で働いていることがわかる社員証、職員証等(名刺は社員証とは見なしません)を確認させていただきます。
  • 社員証等がない場合は、会社から委任されていることがわかるもの(委任状)がないと受け付けられません。

いらっしゃる方のご本人確認を必ずさせていただきます

  • 本人確認書類に関しては上記1.の例を参照してください。

第三者請求の際に必要な疎明資料

住民票の第三者請求をする際には請求権利の確認できる疎明資料などの提示をお願いします。

金銭貸借関係などで住民票を請求する場合

  • 債権債務関係の確認できる契約書など

裁判など国又は地方公共団体の機関に提出する必要がある場合

  • 手続きの内容及び、提出先から証明を求められている具体的な内容が確認できる指示書などの資料

その他、権利の行使、義務の履行などのために住民票を請求する場合

  • 権利、義務の内容及び、提出先から証明を求められている具体的な内容が確認できる資料
  • 詳しくは、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

4.職務上の請求

資格者本人が請求する場合

  • 職務上請求用紙にて請求してください
  • 資格者証等を確認させていただきます

補助者等が請求する場合

手数料、他の請求方法

手数料

  • 300円/通

他の請求方法

 お問い合わせ

証明発行に関すること

⇒区民課証明係本庁舎2階4番窓口(電話:03-3647-3164)

引越し(住民異動)(別ウィンドウで開きます)に関すること

⇒区民課住民記録係本庁舎2階3番窓口(電話:03-3647-3162)

関連ドキュメント

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

区民部 区民課 証明係 窓口:区役所2階4番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-3164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?