ホーム > 健康・福祉 > 保健 > 保健一般 > 熱中症にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2019年6月6日

熱中症にご注意ください

 真夏並みに急激に気温が上昇する日が出てきました。熱中症は、急に気温が上昇して蒸し暑い日に起こりやすく、屋外だけでなく屋内でも発生します。特に高齢者や幼児は、暑さに対する体温調節機能や発汗反応が十分ではなく、体に熱がこもりやすくなるため特に注意が必要です。熱中症は予防すれば防ぐことができますので、正しい知識をもち、適切に熱中症予防を行ってください。

 熱中症の予防方法

●水分・塩分の補給涼太郎からのお願い
・のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。
・汗や尿の量が、普段より少なくなったり、尿の色が濃くなったらご注意ください。

●熱中症になりにくい住まいの工夫
・冷房や扇風機を適度に使い、室温の上昇を抑えましょう。
・すだれ、打ち水、遮光カーテン等を使い、日差しを遮って室温を上がりにくくしましょう。

●体調に合わせた対策

・こまめに体温を測定し、保冷剤、氷、冷たいタオルなどで体の冷却を行いましょう。
・通気性がよく、吸湿、速乾機能の高い衣服を着用しましょう。


●外出時の心がけ
・日傘や帽子を活用しましょう。
・長時間の行動はせず、風通しの良い日陰等でこまめに休憩を取りましょう。
・できるだけ、日中の外出は控えましょう。 

熱中症の症状と対処方法

熱中症とは、高温多湿の時に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体内に熱がたまり、多量の発汗、めまい、吐き気、倦怠感などの症状が現れることをいいます。けいれんや意識障害をおこし、重症になることもあります。 

軽度な症状でも、急激に重症化することもありますので、熱中症になったときは、適切な応急処置が重要です。

程度

症状

対処方法

重症度Ⅰ ◆めまい、立ちくらみなど体に異常があったとき
◆筋肉のこむら返りがある(痛い)
◆汗を拭いても拭いても出てくる
① まず、涼しい場所に行き、衣服(衣類)をゆるめる
② 体などに水をかけたり、濡れタオルをあててあおぐなどして体を冷やす
(太い血管のある脇の下、首、足の付け根・股の間を冷やす)
③ 水分、塩分を補給する(スポーツドリンク、濃度0.1~0.2の食塩水など)
重症度Ⅱ ◆頭ががんがんする(頭痛)
◆吐き気がする・吐く
◆体がだるい(倦怠感)
① まず、涼しい場所に行き、衣服(衣類)をゆるめる
② 体などに水をかけたり、濡れタオルをあててあおぐなどして体を冷やす
③ 足を高くして休む
④ 水分、塩分を補給する
※自分で水分、塩分を補給できなければすぐに病院へ
重症度Ⅲ ◆意識がない
◆体がひきつる(けいれん)
◆呼びかけに対し、返事がおかしい
◆まっすぐに歩けない、走れない
◆体温が高い
①すぐに救急隊を要請する
②救急隊が来るまでに涼しい場所に行き、衣服(衣類)をゆるめる
③体などに水をかけたり、濡れタオルをあててあおぐなどして体を冷やす

 

 救急車を呼ぶか迷ったときは

「救急車を読んだ方がよい?」
「すぐに病院に行った方がよい?」
☆迷ったときは「♯7119」へお電話を!

 (東京消防庁救急相談センター)(外部サイトへリンク)

関連ページ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?