ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 国民健康保険の保健事業 > 国民健康保険の人間ドック助成

ここから本文です。

更新日:2024年4月30日

国民健康保険の人間ドック助成

被保険者の健康の増進を図るため、40歳以上の江東区国民健康保険に加入の方で、特定健康診査を受診せずに自費で人間ドックを受診した場合、受診費用の一部を助成します。(保険診療の検査は対象外です。)

助成金の上限額は8,000円です(実際に支払った金額が8,000円よりも少ない場合は、実費分を助成。受診日の属する年度内において1人1回限り)。なお、人間ドックを受診した年度に特定健康診査を受診した方は助成対象になりません。

令和6年度受診分の申請期限は令和7年4月30日(水曜日)必着

令和6年度(令和6年4月から令和7年3月)に人間ドックを受診され、助成の対象となる方は、令和7年4月30日(水曜日)までに申請をしてください(郵送の場合必着)申請期限を過ぎた場合、助成金のお支払いができません。

ただし、令和6年度受診分で、申請期限の令和7年4月30日までに受診結果等必要書類がそろわない場合は、事前に医療保健係(電話03-3647-8516)までお問い合わせください。

申請書類は、関連ドキュメントの【令和6年度受診分】人間ドック受診費助成金交付申請書兼請求書、質問票、アンケートをお使いください。

助成要件

  1. 受診日時点で江東区国民健康保険の被保険者であること
  2. 受診する年度において40歳以上であり、人間ドック受診日時点で74歳以下であること
  3. 受診した年度内に特定健康診査を受診していないこと
  4. 申請日までに、納期の到来している保険料を完納していること
  5. 指定する検査項目(下記「必要な検査項目」参照)の結果の提出があること
  6. 特定保健指導の対象となった場合、指導を受けることに同意すること
    特定保健指導とは、区から委託された専門業者の管理栄養士等が、生活習慣改善のために食事・運動について支援する事業です。

必要な検査項目

  • 計測・・・・・身長、体重、腹囲、BMI
    BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗
  • 血圧・・・・・拡張期血圧、収縮期血
  • 肝機能検査・・AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(GTP)
  • 脂質検査・・・中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
  • 血糖検査・・・ヘモグロビンA1c又は空腹時血糖
  • 尿検査・・・・尿糖、蛋白
  • 医師の判断・・医師の判断(判定)、検査を実施した医師の氏名

手続きの流れ

1.助成要件の確認・人間ドックを受診

上記「助成要件」に該当するか確認のうえ、ご自身で人間ドックを予約し受診してください。

2.助成金を申請

窓口に提出する場合

次の5点を窓口に持参し、備え付けの申請書等に記入・申請します。

  • 国民健康保険証(原本)
  • 受診結果(原本または写し)
  • 領収書(原本または写し)
  • 印鑑
  • 振込先のわかるもの(通帳等)
郵送(簡易書留)で提出する場合

次の書類を郵送してください。

  • 人間ドック受診費助成金交付申請書(兼請求書)
  • 受診結果(写し)
  • 質問票(受診結果に記載されている場合は不要)
  • 領収書(写し)
  • 国民健康保険証(写し)
  • アンケート

申請書(兼請求書)、質問票、アンケートの用紙は、下記「関連ドキュメント」からダウンロードできます。

3.助成金の振込

書類審査後、助成金交付の可否を決定し通知を発送するとともに、交付決定者に助成金を振り込みます。

申請年度に特定健康診査を受診された場合等は、助成金を返還してもらいます。

申請書・請求書の提出先

区役所本庁医療保険課2階6番窓口にお持ちいただくか、下記宛に郵送してください。

〒135-8383

江東区東陽4丁目11番28号

江東区役所生活支援部医療保険課医療保健係宛

水曜夜間、日曜日の受付は行っていません。

申請書を郵送で提出する際は簡易書留を推奨します。なお、郵送料は自己負担です。また、郵便事故等による書類の紛失については責任を負いかねます。あらかじめご了承のうえ、郵送申請を行ってください。

必要書類に不備があった場合は、改めて提出を求めることがあります。

人間ドック受診助成Q&A

Q1.人間ドックはどこで受診してもいいですか?

助成要件「指定する検査項目の結果が確認できること」を満たしていれば、区内・区外問わずどの医療機関でも構いません。

ただし、国外の医療機関の受診結果等を提出する場合、日本語訳等の追加書類を求める場合があります。

Q2.助成要件に「受診した年度内に江東区の特定健康診査を受診していないこと」とありますが、保健所から届いた案内には、がん検診など複数の受診券がありました。人間ドック助成を申請する場合、すべて受診できないのでしょうか?

お手元に届いた受診券のうち、「健康診査受診券」を利用して健診を受けた場合、助成対象外となります。そのほかの各種がん検診や眼科検診などは、受診いただいて構いません。

Q3.受診結果のコピーはすべてのページが必要ですか?

受診日と、表面「必要な検査項目」の身長~医師の氏名までの各数値等がわかる部分が必要です。受診結果に質問票があればその部分もお願いします(質問票提出を省略できます)。

Q4.3月末に人間ドックを受診したところ、受診結果は5月になるとのことでした。申請期限の4月末までに書類がそろわない場合、どうしたらいいですか?

申請期限の4月末までに受診結果が手元にない場合、それ以外の書類で期限までに仮申請をしてください。受診結果は手元に届きしだい速やかにご提出ください。

Q5.申請したらどのくらいで助成金を受け取れますか?

申請を受理した月の翌月末までに指定された口座に振り込みます。

関連ドキュメント

関連ページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活支援部 医療保険課 医療保健係

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-8516

ファックス:03-3647-8443

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?