ホーム > くらし・地域 > 交通 > 公共交通 > 地下鉄8・11号線の延伸

ここから本文です。

更新日:2021年10月4日

地下鉄8・11号線の延伸

延伸構想の概要

地下鉄8・11号線延伸構想概略図東京8号線(有楽町線)豊洲~亀有、東京11号線(半蔵門線)押上~松戸を延伸する構想です。

国の都市交通審議会答申第15号(昭和47年)において、東京8号線は亀有まで、11号線は深川扇橋までが答申されました。その後、国の運輸政策審議会答申第7号(昭和60年)では、東京8号線は亀有以北の武蔵野線方面まで、東京11号線は松戸市までが答申されています。さらに、平成12年の運輸政策審議会答申第18号では、東京8号線は野田市まで、東京11号線は松戸市までが目標年次までに整備着手することが適当な路線と位置付けられています。

沿線自治体である葛飾区、墨田区、江東区、松戸市は、昭和61年12月に「地下鉄8・11号線促進連絡協議会」を設置し、調査研究等を進めています。

地下鉄8・11号線促進連絡協議会では、平成19・20年度の調査結果を踏まえ、平成21年7月の協議会において、3区1市の首長間で以下の3点を確認しています。

  • 第1段階として東京8号線豊洲~住吉間を事業化する。
  • 都市鉄道利便増進事業費補助を利用する。
  • 第2段階の整備を視野に入れ、第3セクターを設立する方向で検討する。

国の交通政策審議会答申第371号において示された事項

令和3年7月に公表された、国の交通政策審議会答申「東京圏における今後の地下鉄ネットワークのあり方等について」において、東京8号線(豊洲~住吉)は、「早期の事業化を図るべき」と示されました。

本答申を受け、江東区長は、東京都知事に対して地下鉄8号線の延伸に関する申入れを行うとともに、コメントを発表しました。

申入れ及びコメントの詳細については、ページ下部の関連ドキュメント「地下鉄8号線の延伸に関する申入れ」「交通政策審議会答申「東京圏における今後の地下鉄ネットワークのあり方等について」について(区長コメント)」をご覧ください。

東京8号線(豊洲~住吉)に関する答申内容(要旨)

  • 事業主体の選定や費用負担の調整を早急に進め、早期の事業化を図るべきである。
  • 東京メトロに対して、事業主体としての役割を求めることが適切である。
  • 東京メトロに対しては、十分な公的支援が必要であり、地下高速鉄道整備事業費補助等の活用が適切である。

詳細については、ページ最下部の関連ページ「交通政策審議会答申「東京圏における今後の地下鉄ネットワークのあり方等について」(国土交通省)」をご覧下さい。

国の交通政策審議会答申第198号における位置付け

国の交通政策審議会答申「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」(平成28年4月)において、東京8号線(豊洲~住吉)は「国際区競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」に位置付けられました。また東京8号線(押上~野田市)、東京11号線(押上~松戸)は「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」に位置付けられています。以下に答申に示された意義と課題を記載します。

東京8号線(有楽町線)の延伸(豊洲~住吉)

位置付け

  • 国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト

意義

  • 国際競争力強化の拠点である臨海副都心と都区部東部の観光拠点や東京圏東部・北部地域とのアクセス利便性の向上。
  • 京葉線及び東西線の混雑の緩和。

課題

  • 事業計画の検討は進んでおり、事業化に向けて関係地方公共団体・鉄道事業者等において、費用負担のあり方や事業主体の選定等について合意形成を進めるべき。

東京8号線の延伸(押上~野田市)

位置付け

  • 地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト

意義

  • 都区部北東部、埼玉県東部及び千葉県北西部と都心部とのアクセス利便性の向上を期待

課題

  • 事業性に課題があり、複数の都県を跨る路線であるため、関係地方公共団体等が協調して事業性の確保に必要な沿線開発の取組等を進めた上で、事業主体を含めた事業計画について十分な検討が行われることを期待。
  • なお、茨城県が、東京の都市機能のバックアップ等の観点から、東京都心と近隣地域(茨城県西・南部地域)とのアクセスを改善する道路・道路網の強化策として、更なる延伸について検討している。

東京11号線の延伸(押上~四ツ木~松戸)

位置付け

  • 地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト

意義

  • 都区部北東部及び千葉県北西部と都心部とのアクセス利便性の向上を期待

課題

  • 事業性に課題があり、東京都と千葉県に跨がる路線であるため、関係地方公共団体等が協調して事業性の確保に必要な需要の創出に繋がる沿線開発の取組等を進めた上で、事業主体を含めた事業計画について十分な検討が行われることを期待。

東京都「広域交通ネットワーク計画について」における位置付け

東京都が平成27年7月に公表した「広域交通ネットワーク計画について」において、東京8号線(豊洲~住吉)は「整備について優先的に検討すべき路線」と位置付けられました。また東京8号線(押上~野田市)、東京11号線(押上~松戸)は「整備について検討すべき路線」に位置付けられています。

 関連ドキュメント

 関連ページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 地下鉄8号線事業推進課 地下鉄8号線事業推進係 窓口:区役所5階24番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽4-11-28

電話番号:03-3647-8678

ファックス:03-3647-9019

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?