ホーム > 健康・福祉 > 保健 > たばこ > 東京都受動喫煙防止条例

ここから本文です。

更新日:2019年5月16日

東京都受動喫煙防止条例

都民が、自らの意思で受動喫煙を避けることができる環境の整備を促進することにより、受動喫煙による都民の健康への悪影響を未然に防ぐことを目的として成立し、平成30年7月4日に公布されました。

健康増進法と同様、段階的に実施することとなっており、全面施行は2020年4月の予定となっています。平成31年1月1日に都・都民・保護者の責務等一部の規定が施行されました。条例に関する相談窓口(0570-069690)も設置されています。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

とうきょう健康ステーション(東京都福祉保健局公式ホームページ)喫煙(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

中小飲食店や宿泊施設における受動喫煙防止対策を支援                       ~東京2020大会に向けた受動喫煙防止対策支援事業~

東京都では、都内の中小飲食店・宿泊施設が行う受動喫煙防止対策を支援する事業を実施しています。

喫煙専用室の設置等に対して、補助を受けられる場合がありますので、

詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

東京都産業労働局ホームページ(中小飲食店・宿泊施設が行う受動喫煙防止対策支援)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

関連ファイル

・専門アドバイザーによる相談事業(PDF:517KB)(別ウィンドウで開きます)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?