ホーム > くらし・地域 > マイナンバー制度 > 通知カード > 通知カードの廃止について

ここから本文です。

更新日:2020年5月25日

通知カードの廃止について

マイナンバー(個人番号)をお知らせする「通知カード」は、令和2年5月25日(月曜日)に廃止されました。廃止後は通知カードの取扱いが変更となりますので、ご注意ください。

通知カードとは

通知カード(見本)

通知カードとは、個人番号(マイナンバー12桁)、氏名、住所、生年月日、性別が記載された紙製のカードです。

住民票に旧氏を併記している方は、氏名に加え、旧氏が記載されます。また、外国人の方で住民票に通称の記載がある方は、氏名に加え、通称が記載されます。

通知カードだけでは、各種手続きの際の本人確認はできません。

 

通知カードは、令和2年5月22日までに、出生や国外からの転入等により新たにマイナンバーが付番された方、マイナンバーを変更された方、通知カードの再交付申請をされた方に対し、本人あての簡易書留(転送不要)で送付されます。受け取りがなかった通知カードは返戻され、区役所にて保管しています。返戻された通知カードの受け取りについては、区役所に返戻された通知カードを受け取る方法をご参照ください。

廃止後(令和2年5月25日以降)の通知カードの取扱い

  • 通知カードの再交付のお手続きはできません。
  • 氏名・住所等に変更があった場合、通知カードの記載事項の変更はできません。

なお、通知カードに記載された氏名・住所などが住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できます。

通知カードの廃止後(令和2年5月25日以降)のマイナンバー証明書類

  • マイナンバーが記載された住民票の写し
  • マイナンバーが記載された住民票記載事項証明書
  • マイナンバーカード
  • 通知カード(券面に記載されている氏名、住所、生年月日、性別、個人番号が、住民票に記載されている事項と一致している場合に限る。)

廃止後(令和2年5月25日以降)のマイナンバーの通知方法

出生、国外からのご転入などにより新たにマイナンバーが付番される方には、通知カードに代わり「個人番号通知書(個人番号、氏名、生年月日等が記載された書面)」により通知されます。なお、「個人番号通知書」は、マイナンバーを証明する書類や身分証明書としては使用できません。

※「個人番号通知書」は詳細が未定であるため、国から具体的な通知があり次第、あらためて掲載いたします。

関連ページ

 

お問い合わせ

区民部 区民課 住民記録係 窓口:区役所2階3番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-3162

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?