ここから本文です。

更新日:2022年11月13日

LGBT等電話相談

日常生活においてLGBT等当事者やその周囲の方(家族・友人・職場関係の方など)が抱える悩みに対し、電話相談窓口を令和3年7月に開設しました。LGBT等の方のDV相談もお受けします。秘密は厳守しますので、安心してご相談ください。匿名でもご相談いただけます。予約不要。

※LGBTとは、心と身体の性が一致しない人等の代表的な4つの頭文字をとった言葉です。その他の多様な性自認及び性的指向の人々を含め、LGBT等と表現しています。

対象

区内在住・在勤・在学の方(本人・家族・支援者等)

相談日及び開設時間

毎月第3木曜日 午後5時~午後8時(祝日除く)

 <令和4年度実施日>

 令和4年:4月21日、5月19日、6月16日、7月21日、8月18日、9月15日、10月20日、11月17日、12月15日
 令和5年:1月19日、2月16日、3月16日

相談員

専門相談員

費用

無料(通話料はかかります)

相談専用電話番号

電話 03-3647-1171

※相談中は、お待たせする場合があります。恐れ入りますが、しばらくしてからお掛け直しください。

相談事例

  • 生まれ持った性別に違和感がある。
  • 周囲がLGBT等に理解がない。
  • 同性を好きになった。
  • 家族や友人に打ち明けられたが、どのように接すれば良いか分からない。

 

東京都パートナーシップ宣誓制度

令和4年11月1日から、東京都パートナーシップ宣誓制度が始まりました。

東京都パートナーシップ宣誓制度とは、パートナーシップ関係にあるお二人からの宣誓・届出を、都が受理したことを証明(受理証明書を交付)する制度です。


この制度により、性的マイノリティのパートナーシップ関係にある方が、日常生活の様々な場面での手続が円滑になるほか、例えば都営住宅への入居申込等、新たにサービスが受けられるようになります。

詳しくは、東京都ホームページをご覧ください。

東京都パートナーシップ宣誓制度(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

【用語の定義】

  • 「性的マイノリティ」:性自認が出生時に判定された性と一致しない方又は性的指向が異性に限らない方のこと
  • 「パートナーシップ関係」:双方又はいずれか一方が性的マイノリティ(LGBT等)であり、互いを人生のパートナーとして、相互の人権を尊重し、日常の生活において継続的に協力し合うことを約した二者間の関係のこと

 

関連リンク

お問い合わせ

 江東区配偶者暴力相談支援センター

電話番号:03-3647-1171

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?