ホーム > 高齢者をサポート > 介護保険・介護予防

ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

介護保険・介護予防

介護保険

介護保険制度について

介護保険は、介護が必要となったときに、住みなれた地域や住まいで安心して暮らすことができるように、介護の不安や負担を社会全体で支えあう制度です。

介護保険サービスを利用するには

サービスを利用するには、区に申請をして要介護・要支援認定を受けること(「介護や支援が必要である」と認定されること)が必要です。

介護保険サービスの種類

自宅での生活を維持できるよう支援するサービスや、施設などに入所するサービスがあります。介護度に応じて利用できるサービスが異なります。

介護予防

区では、高齢者の皆さんが住みなれた地域でできる限り自分らしく暮らし続けられるよう、介護予防の取組みを支援しています。

基本チェックリスト

生活機能(日常生活を自力で営む機能)を判定するために厚生労働省が作成した25項目の質問です。あなたの現在の状態をチェックしてみましょう。

いきいき教室ラインナップ(一般介護予防教室事業)

区内スポーツ施設や高齢者施設などで実施する、運動メニューや栄養・お口の健康に関する講義などのプログラムです。

介護予防グループ活動事業

各福祉会館では、健康体操・頭の運動・レクリエーション・口腔衛生講話・健康相談などのプログラムを企画しています。

いきいきサークル(地域介護予防活動支援事業)

5人以上の仲間でサークル登録すると、運動のインストラクター派遣などの支援が受けられます。

江東マスターズフィットネス

区内の民間スポーツクラブで、高齢者向けプログラムやマシントレーニングなど、気軽に運動に取り組めます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?