ホーム > 健康・福祉 > 保健 > がん対策 > AYA世代の人へ~15歳から30歳代でがんと診断された人へ~

ここから本文です。

更新日:2021年10月27日

AYA世代の人へ~15歳から30歳代でがんと診断された人へ~

 AYA世代とは、Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人)の頭文字をとったもので、主に思春期(15歳~)から30歳代までの世代を指しています。AYA世代でがんと診断された人は、成人のがんに比べ、情報が少なく見つけることが難しいなど、不安を抱く人も少なくありません。情報を探す際などに、下記をご活用ください。

 

 AYA世代の人へ~15歳から30歳代でがんと診断された人へ~(国立がん研究センター)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 【内容】AYA世代のがんの特徴、治療や治療後の生活について、家族や周りの人とのかかわり など

 

 生殖機能(妊よう性)の温存について(東京都)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 【内容】がんの治療と生殖機能(妊よう性)の温存についてのQ&Aなど

 

 若年がん患者等生殖機能温存治療費助成事業(東京都)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 【上記助成事業に関する問い合わせ先】

 東京都福祉保健局 医療政策部 医療政策課 がん対策担当
 電話:03-5320-4389(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く午前9時から正午まで、午後1時から午後5時まで)
 電子メール:S0000298@section.metro.tokyo.jp (お返事まで1~3営業日ほどお時間をいただきます。)

関連ページ

お問い合わせ

健康部(保健所)健康推進課 がん対策・地域医療連携係 窓口:9番

郵便番号 135-0016 東京都江東区東陽2-1-1

電話番号:03-3647-5889

ファックス:03-3615-7171

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?