ホーム > 健康・福祉 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療保険料 > 後期高齢者医療保険料の計算方法

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

後期高齢者医療保険料の計算方法

後期高齢者医療保険料について

  • 保険料は後期高齢者医療制度の 被保険者(加入者)一人ひとり全員 にかかります。
  • 保険料の料率は 2年ごと に見直されます。
  • 令和2年度と令和3年度は同じ保険料率です。
  • 次回の見直しは令和4年度に行われます。
  • 当初の決定通知書は7月15日~20日ごろに送付されます。
  • 当初以降は、資格や所得金額等に異動があった場合、異動があった月の翌月15日ごろに通知書を送付いたします。 

保険料の計算方法

保険料は 前年中の所得 をもとに被保険者ごとに計算します。
(令和2年度の保険料は令和元年(平成31年)中の所得をもとに計算されます。)


 

所得割額

 

均等割額

令和2年度年間保険料
(令和2年4月~令和3年3月)

=

賦課のもととなる所得金額×8.72%

一人あたり44,100

限度額64万円

100円未満は切り捨て

       

 

所得割額とは

前年の所得に応じてかかる分です。
所得がなかった方・所得が一定の金額以下の方に対してはかからないこともあります。

均等割額とは

被保険者全員にかかります。
前年の所得に応じて軽減される場合もあります。

賦課のもととなる所得金額とは

前年中の 総所得金額等 から基礎控除額33万円を控除した金額のことです(保険料の計算時には、雑損失の繰越控除前・分離課税の特別控除後の金額で計算します)。
※ 扶養控除・社会保険料控除・医療費控除などの「各種所得控除」は適用されません。

【総所得金額等とは】

以下の合算額(損益通算および繰越控除後の金額)をいいます。

  • 事業(営業)、不動産、利子、配当、給与、短期譲渡、雑所得(年金にかかる所得を含む)
  • 総合課税の長期譲渡所得と一時所得の合計額の2分の1の金額
  • 山林所得
  • 申告分離課税の所得(株・土地・家の売却益など)の特別控除前の金額
    →保険料の所得割額を計算する際は、分離課税の特別控除“後”の所得金額を用います。

特定口座(源泉徴収選択)において株の取引きをしている方へ

株式等譲渡所得および上場株式等の配当所得等については、特定口座において源泉徴収を選択している場合、確定申告が不要となります。こうして確定申告をせずに課税関係を終了させた場合、譲渡所得や配当所得等は保険料算定に含まれません。
しかし、所得税や住民税の減額・還付のために確定申告をされた場合、その所得は保険料算定時に合算されるため保険料が増額する場合があります。結果、税金の減額・還付額よりも後期高齢者医療保険料の増額分が上回る可能性もありますので、確定申告の際には十分ご注意ください。 (繰越損失の控除により所得が相殺される場合には保険料算定に影響がないこともあります。)

保険料の軽減

1. 均等割額の軽減

同じ世帯内の世帯主と被保険者全員の「総所得金額等を合計した額」をもとに、均等割額の軽減割合を判定します。

総所得金額等を合計した額

軽減割合

軽減後の額

33万円以下

被保険者全員の収入が年金のみで、
かつ全員が年金収入80万円以下の場合

7割

13,230円

上記以外の場合

7.75割

9,922円

33万円+(28万円×被保険者数)以下の場合

5割

22,050円

33万円+(51万円×被保険者数)以下の場合

2割

35,280円

令和2年1月1日時点で65歳以上の方の公的年金所得については、その所得から15万円(高齢者特別控除)を差し引いた額で判定をします。※所得割額の計算時には高齢者特別控除は適用されません。
世帯主と被保険者全員の所得が確定していないと均等割額の軽減の判定ができません。前年に所得がなかった方なども所得の申告をお願い致します。

2. 所得割額の軽減

被保険者本人の「賦課のもととなる所得金額」をもとに所得割額の軽減割合を判定いたします。

賦課のもととなる所得金額

軽減割合

15万円以下

50%

20万円以下

25%

※ 東京都後期高齢者医療広域連合独自の軽減措置です。

3. 被扶養者軽減

後期高齢者医療制度加入の前日まで会社の健康保険(国保・国保組合は除く)の被扶養者だった方は、後期高齢者制度に加入してから2年を経過するまで、均等割額は5割軽減となり、所得割額は当面の間かかりません。なお、低所得による均等割額の軽減に該当する場合は。軽減割合の高い方が優先されます。

※ 平成29年4月30日以前に後期高齢者医療制度の対象となった被扶養者の方は、平成31年3月31日をもって軽減期間が終了となりました。

均等割額

所得割額

5割軽減

(加入から2年を経過する月まで)

なし

→年間保険料 22,000

関連リンク

お問い合わせ

生活支援部 医療保険課 資格賦課係 窓口:区役所2階7番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-8520

ファックス:03-3647-8443

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?