ここから本文です。

更新日:2017年2月1日

成年後見制度

認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など判断能力の十分でない方の判断能力を補い、自己決定の意思を尊重・保護する制度です。家庭裁判所が事情を考慮した上で後見人等を選任します。

成年後見制度には、法定後見制度任意後見制度の2種類があり、また、法定後見には後見・保佐・補助の3つの類型があります。(下記<表1>参照)

江東区社会福祉協議会の権利擁護センター「あんしん江東」では、申立て方法の説明や、専門関係機関の紹介など、成年後見制度の利用について支援しています。

<表1>

成年
後見
制度

1.法定後見制度(法律による後見制度)
【申立できる人:本人、配偶者、親や子や孫など直系の親族、兄弟姉妹、おじ、おば、甥、姪、いとこ、配偶者の親・子・兄弟姉妹等】

     

後見

本人が一人で日常生活を送ることができなかったり、一人で財産管理ができないというように、本人の判断能力が全くない場合に、家庭裁判所が成年後見人を選びます。

     

保佐

本人が日常的な買い物程度は一人でできるが、金銭の貸借や不動産の売買等、重要な財産行為は一人でできないというように、本人の判断能力が著しく不十分な場合に、家庭裁判所が保佐人を選びます。

     

補助

本人が一人で重要な財産行為を適切に行えるか不安があり、本人の利益のためには誰かに代わってもらったほうがよいというように、本人の判断能力が不十分な場合に、家庭裁判所が補助人を選びます。

     

2.任意後見制度(契約による後見制度)
本人に判断能力のあるうちに、将来判断力が不十分になることに備え、公正証書を作成して任意後見契約を結び、任意後見人を選んでおきます。

     

成年後見制度に関する問い合わせ先

 

機関

住所

連絡先

成年後見制度全般及び法定後見

東京家庭裁判所
「後見センター」

千代田区霞ヶ関1-1-2
13階

03(3502)8311

江東区権利擁護センター
「あんしん江東」

江東区東陽6-2-17
高齢者総合福祉センター2階

03(3647)1710

任意後見

錦糸町公証役場

墨田区江東橋3-9-7
国宝ビル5階

03(3631)8490

成年後見制度支援利用支援事業

成年後見制度の申立費用や後見人等の報酬費用を助成します。

対象

制度を希望する低所得者(生活保護基準額に準ずる方)で、申立て費用・後見報酬の支払いが困難な方

助成内容

審判の請求に要する手数料と後見人へ支払う報酬を助成します。

問合せ

地域ケア推進課権利擁護係
TEL03(3647)4324

関連ドキュメント

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 地域ケア推進課 権利擁護係 窓口:区役所3階7番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-4324

ファックス:03-3647-3165

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?