ここから本文です。

更新日:2018年11月21日

インターンシップ事業

区では、中小企業の人材・後継者を育成するとともに、学生の就労に対する望ましい考え方を育てることを目的として、インターンシップ事業を実施しています。

インターンシップ生の受入れを行った協力事業所(登録制)は、補助金の交付を受けることができます。

インターンシップとは

在学中の学生が実社会で就業体験をする制度です。学生の職業観・就労意識を高めるとともに、採用のミスマッチ解消、優秀な後継者の育成手段として注目されています。

インターンシップ事業の実施

インターンシップ対象者

高等学校、大学及び技術専門校等(専修学校一般課程を除く)に在学する学生

インターンシップ実施の流れ

事前調整

受入れの時期、期間、人数、就業内容について、学校と受入れ事業所の間で十分な調整を行ってください。

学校は、参加学生に対して、事業所との協議内容の他、次に掲げる点について十分に説明を行ってください。

  • 江東区インターンシップ事業の趣旨・目的
  • 賃金・通勤手当の支給はされないこと
  • 就業時間は受入れ事業所の就業規則に定める時間内であること

受入時期、期間、人数などの条件は、学校・事業所間で十分な調整を行ってください。

学生への賃金、通勤手当などは支払われません。
災害補償については、各学校が損害保険加入等の措置を講じてください

学校は、インターンシップ実施前にインターンシップ事業参加申込書(PDF:49KB)をご提出ください。

補助金交付対象事業者

インターンシップ事業を実施した、区内に本社を持つ中小企業。

※事前にインターンシップ協力事業所として登録が必要

実施に際して

インターンシップ実施は、受入れ時期、期間、人数などの条件を学校と調整してからとなります。
学生への賃金、通勤手当等は不要です。災害補償は学校が損害保険に加入します。

登録申込み

インターンシップ事業の実施を希望する事業所は、インターンシップ事業所登録申込書(PDF:62KB)を記入・捺印の上、会社案内と共に経済課にご送付ください。

登録が完了しましたら経済課よりご連絡いたします。

登録事業所の情報は、区ホームページや、各学校などに配布するパンフレットに掲載します。

補助金の交付額

区分 基準額 上限額
高等学校等の学生の受入れに係るもの 学生1人の受入れにつき、7,000円に当該学生の受入れ日数を乗じて得た額

学生1人あたりの額は30,000円、合計額は60,000円を限度とする。

大学等の学生の受入れに係るもの 学生1人の受入れにつき、5,000円に当該学生の受入れ日数を乗じて得た額 同上
  • 高等学校等とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に定める高等学校、
    中等教育学校(同法第66条に規定する後期過程に限る。)若しくは高等専門学校
    又は同法第124条に定める専修学校(同法第125条第1項に規定する高等課程に限る。)
    をいいます。
  • 大学等とは、学校教育法第1条に定める大学又は同法第124条に定める専修学校
    (同法第125条第1項に規定する専門課程に限る。)をいいます。

 ※予算には限りがあり、インターンシップ事業を実施して頂いても補助金を交付できない場合があります。

補助金の申請方法

インターンシップ事業の終了後、申請書類に記入・捺印の上、経済課にご送付ください。

インターンシップ実施後の提出物について

(1)学校が提出するもの

(2)事業所が提出するもの

区は、学校からの参加報告書と事業所からの事業実施報告書の内容を照合・調査した上で、

交付の適否及び補助金額を決定し「交付決定通知書」により通知します。

関連ドキュメント

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部 経済課 産業振興係 窓口:区役所4階29番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2332

ファックス:03-3647-8442

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?