防災情報 江東区

ここから本文です。

更新日:2018年5月22日

総合防災訓練

総合防災訓練の目的

東日本大震災をはじめとする過去の災害の経験から、「自らの身の安全は自らが守る。自分たちのまちは自分たちで守る。」という「自助」・「共助」の考えに基づく行動が非常に重要であることが教訓として得られました。

これらのことから、江東区では、区民の防災意識の向上、防災関係機関との協力体制の確認を目的として、年5回の首都直下型地震を想定した総合防災訓練を実施しています。


消火・延焼阻止訓練(消防署、消防団、消火隊による一斉放水)の様子

総合防災訓練の訓練項目

【防災関係機関訓練】(会場:都立木場公園多目的広場)

  • 発災初期対応訓練
  • インフラ等復旧訓練
  • 消火・延焼阻止訓練
  • 普及啓発、展示・体験訓練

【地域訓練】(会場:拠点避難所に指定されている小・中学校4会場)※

  • 避難所運営訓練
  • 災害対応力向上訓練
  • 展示・体験訓練

訓練内容の詳細については、地域住民等で構成される「訓練実行委員会」の場で、地域のニーズを踏まえ決定していきます。


バケツリレー競争の様子


医療救護訓練の様子

訓練日程・会場について

平成30年度の訓練日程・会場については下記のページをご参照ください。

平成30年度江東区総合防災訓練の実施について

 

お問い合わせ

危機管理室(総務部) 防災課 防災担当 窓口:防災センター04-01

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9588

ファックス:03-3647-8440

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?