ホーム > 健康・福祉 > 保健 > 新型コロナウイルスワクチン接種 > Q&A・その他の情報 > 副反応及び健康被害救済制度について

ここから本文です。

更新日:2023年11月22日

副反応及び健康被害救済制度について

予防接種の後に、体調に好ましくない変化が起こることを副反応と言います。現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

接種後の副反応などの専門相談

接種をした後に副反応に関する専門的な相談を行う場合は、東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センターにご相談ください。

東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター
電話番号:03-6258-5802(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日/24時間対応)
主なお問い合わせ内容:接種後に副反応の症状が見られる場合の医療職への相談等

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について

今までに報告された新型コロナワクチンの副反応疑い報告など、新型コロナワクチンの接種後の副反応(副作用)に関する情報は、以下のページよりご確認できます。

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀であるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じて、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

なお、現在の救済制度の詳細は次のページをご覧ください。

相談・申込窓口

江東区保健所保健予防課保健係(江東区東陽2-1-1)
Tel03-3647-5906

関連サイト・動画

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?