ここから本文です。

更新日:2017年7月3日

宿泊型産後ケア

「産後、家族などの手助けがない」「体調がすぐれない」「初めての子育てで不安」などのお母さんが、赤ちゃんと一緒に区内の助産所等の施設において、助産師等から母子のケアや授乳指導、育児指導が受けられます。

対象

初産で、ご家族等からの十分な支援が受けられず体調不良や育児不安のある、産後2か月未満の江東区に住民登録のあるお母さんと赤ちゃん。

利用回数・日数

3泊4日まで1回

利用者負担金

3泊4日24,000円 2泊3日18,000円 1泊2日12,000円(母子各1人のとき)
多胎児の時は、1人を超える子1人ごとに、3泊4日8,000円、2泊3日6,000円、1泊2日4,000円を加算
住民税非課税世帯・生活保護世帯は減免があります。

産後ケアの内容

  • 母体ケア(母体の健康状態のチェックなど)
  • 乳児ケア(乳児の健康状態、体重のチェックなど)
  • 育児相談、授乳指導、休息、食事の提供(入所日の昼食~帰宅日の昼食まで)

実施施設・受付時間

  • 東峯婦人クリニック/東峯サライ  TEL03(3615)1111(受付:東峯サライ) 江東区木場5-3-10/江東区木場6-11-3
  • すこやか助産院  TEL03(3636)1158 江東区亀戸7-1-1


*予約電話受付時間:月~金(祝祭日・年末年始除く)9時~17時

利用方法

1 利用申請

原則、妊娠中の利用申請が必要です。妊娠8か月以降に利用者ご本人が、お住まいの地域を担当する保健相談所の窓口へ、お越しください。(保健相談所の担当地域・所在地は、下の関連ページをご覧ください。)
利用条件等を確認し、利用承認通知書をお渡しします。

*出産後に利用申請をする場合は、お住いの地域を担当する保健相談所へお問い合わせください。

申請時に必要なもの

  • 母子健康手帳
  • 住民票の世帯全員の住民税非課税証明書
    (住民税非課税世帯の方で、利用者負担金の減額を希望の方。
    ただし江東区で必要な年度の住民税の申告をしている方は省略できます。)
  • 生活保護受給証明書(生活保護受給世帯の方で、利用者負担金の免除を希望の方)

2 仮予約

利用承認通知書を受け取った方は、利用希望施設に、電話で利用日の仮予約をしてください。

3 本予約

出産の翌日以降に、仮予約をした施設に電話で利用日の本予約をしてください。

4 利用

利用の当日に利用者負担金を施設にお支払いください。
母子健康手帳、利用承認通知書、健康保険証をお持ちください。
その他持ち物などは、申請時にお渡しするパンフレットをご覧いただくか、または利用する施設に予約時にご確認ください。

注意事項

医療行為が必要なとき、または感染症の疑いがある場合は利用できません。
産後ケア利用中に体調不良等となったとき、医療機関の受診を勧めることがあります。この時は別途費用がかかります。
お母さんや赤ちゃんの健診当日は利用できません。
予防接種の当日及び翌日は利用できません。

利用終了後、各施設から、お母さんや赤ちゃんの健康状態などの状況について、江東区(保健相談所)に報告をいただいています。必要な情報提供や支援のため、保健相談所からご連絡させていただくことがあります。

 

キャンセルするとき

本予約後、利用を取り消すときは、利用前日の午後3時までに利用施設に連絡してください。この時刻以降にキャンセルした時、または連絡なく利用しなかったときは、既に1回利用したものとし、後日申請・利用することはできません。

関連ページ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?