ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

産後ケア事業

「産後、家族などの手助けがない」「体調がすぐれない」「初めての子育てで不安」などのお母さんが、赤ちゃんと一緒に区内の助産所等の施設において、助産師等から母子のケアや授乳指導、育児指導が受けられます。
また、「母乳が足りているか心配」などの不安を抱えるお母さんには、助産師による乳房ケアを行います。

産後ケアは、3種類あります。

宿泊型産後ケア

初めての出産で、産後2か月未満のお母さんと赤ちゃんが施設に宿泊し、心身のケア、育児アドバイスを受け、また休養の機会等を提供します。(3泊4日まで・1回)

日帰り型産後ケア

産後4か月未満のお母さんと赤ちゃんが日帰りで、施設にて心身のケア、育児アドバイスを受け、また休養の機会等を提供します。(1回、必要に応じ2回まで)

乳房ケア(訪問・外来型)

産後4か月未満の、母乳育児に関して心配のあるお母さんを、助産師が訪問し乳房ケアを提供します。また、指定の医療機関でケアを受けることもできます。(訪問、または外来型のいずれか1回)


利用には、それぞれ条件があります。
詳細は下の関連ページからご覧ください。

関連ドキュメント

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?