ホーム > くらし・地域 > ごみ・リサイクル > 食品ロス削減に取り組む飲食店を応援します!

ここから本文です。

更新日:2020年3月17日

食品ロス削減に取り組む飲食店を応援します!

食品ロスとは

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられている食品のことです。

日本国内では、約643万トンあると言われ、そのうち家庭から出る食品ロスは291万トン、残りの352万トンは事業系廃棄物で、主に売れ残りや食べ残しなどです。(農林水産省平成28年度推計より)

食品ロスを削減することは、生ごみを減量することになり、最終処分場の延命化や環境を守ることにもつながります。

一人一人が「もったいない」の意識を持ち、日頃の食生活を見直すことが大切です。

「江東区食べきり協力店」を募集します!

 

ごはんちゃわんくん

江東区内で営業している飲食店で、食品ロス削減に取り組んでいる店舗または、これから取り組もうとしている店舗を「江東区食べきり協力店」として登録し、その取り組みを応援します!

登録された店舗には、登録証・登録店ステッカー・啓発ポスターなどをお渡しします。

また、江東区公式ホームページ、清掃リサイクル課フェイスブックなどでお店を紹介いたします。

ぜひ、ご応募ください!

 

 

毎日、お茶碗一杯分の食品が捨てられているんだよ。

食品ロスを削減しよう!

 

江東区清掃リサイクル課公式フェイスブック

食べきり協力店のご案内のほか、リサイクルに関する情報を発信しています。

ぜひご覧ください!

【公式アカウント】

ぴかっと食べきり江東5Rひろば(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
@koto5r.tabekiri

フェイスブックコード

対象店舗

区内で営業している飲食店で、次に掲げる事項をすべて満たすもの

  • 店舗において排出される資源及びごみを適正に処理またはリサイクルしていること。
  • 店舗の営業に係る関係法令及び公序良俗に反していないこと。

登録要件

以下の取組項目のうち、1つ以上を実践、またはこれから取り組もうとする飲食店

  • 小盛りメニューの導入
ハーフサイズやお客様のご要望で量などを調整します。
  • ポスター掲示等による食品ロス削減の啓発活動の実施
啓発ポスターを店内に掲示します。
  • 食べ残しを減らすための呼びかけ

食べ残しを減らす呼びかけ(30・10運動)を実施します。

30・10運動とは

宴会開始30分は料理を味わい、お開き前10分間も、もう一度味わって

お料理を食べ切ろうという運動です。

  • その他、食品ロス削減のための取り組み
食材を無駄にしないメニューの工夫など

 

登録方法

  • 登録要綱をご確認のうえ、登録申請書を記入して郵送・持参のいずれかで清掃リサイクル課へ
  • 登録申請書は「関連ドキュメント」からダウンロードいただくか、清掃リサイクル課・こうとう情報ステーション(区役所2階)・清掃事務所で配布しています。

登録すると…

  • 食べきり協力店ステッカー(参考)登録証をお渡しします。
  • 登録店ステッカーとポスターを差し上げます。
  • 区のホームページなどで、店舗の取り組みをご紹介いたします。

ステッカーやポスターは、店舗の入口や店内の見やすいところに貼り、食品ロスへの取り組みをアピールしましょう!

 

 

 

 

関連施設

関連ファイル

関連ページ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境清掃部 清掃リサイクル課 清掃リサイクル係 窓口:防災センター6階4番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9181

ファックス:03-5617-5737

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?