ホーム > くらし・地域 > ペット・動物 > その他の動物 > 飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費助成事業

ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費助成事業

飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費の助成について

   江東区では、飼い主のいない猫が繁殖し、地域のトラブルになることを防止するために、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用を

  助成しています。

対象となる猫

   区内に生息している飼い主のいない猫。(飼い猫は対象となりません)

助成金額

   手術費用1匹当たり

    ・オス: 10,000円

    ・メス: 20,000円

    (手術費用以外は、助成の対象となりません。)

申込対象者

   区内に在住・在勤の方で、次の条件を守れる方

    ・手術後の猫について、地域住民の方の迷惑とならないよう適正に飼育できる方

    ・手術後の猫について、終生の世話ができるか、里親を探すことのできる方

申込方法

    ・申込受付窓口にて「飼い主のいない猫の事前確認申出書」に必要事項を記入の上、提出してください。

     (事前の申込が必要であり、手術を受けた後では助成対象外となります。)

申込に必要なもの

    ・区内に在住又は在勤であることが分かるもの(免許証・健康保険証・社員証など)

    ・印鑑(認印)*朱肉を使うもの

申込受付窓口

    江東区保健所生活衛生課生活衛生係 (江東区東陽2‐1‐1 健康センター2階1番窓口)

    電話03-3647-5844

その他注意事項

    ・平成29年度から助成制度の手続方法が一部変わりました。

    ・申込後の手続きの流れについては、関連ドキュメントをご覧ください。

    ・申込は、原則として、窓口での受付が必要となります。その後の「助成金交付申請」や「助成金交付請求」の

     手続きについては、郵送でも構いません。

    ・助成対象となるのは、不妊・去勢手術に直接必要な費用であり、それ以外の病気等の治療費は、助成対象外で

     あり、別途実費が必要となります。

    ・この制度を利用するに当たっては、申込者が猫の捕獲や動物病院への搬入・引取りを行って頂くこととなります。

    ・申込対象者は、区内の在住・在勤者の他にボランティア団体等も対象となります。

関連ドキュメント

  ・飼い主のいない猫の事前確認申出書(PDF:59KB)(別ウィンドウで開きます)

  ・手続きの流れ(PDF:67KB)(別ウィンドウで開きます)

  ・手術完了証明書 [獣医師用](PDF:70KB)(別ウィンドウで開きます)

  ・助成制度協力病院一覧表(PDF:69KB)(別ウィンドウで開きます)

関連ページ

  ・犬や猫に関すること

関連施設

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?