ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 地域ケア会議 > 江東区の地域ケア会議

ここから本文です。

更新日:2019年11月20日

江東区の地域ケア会議

「地域ケア会議」の設置目的

高齢化の進展により、認知症やひとり暮らしの高齢者の一層の増加が想定される中、住み慣れた地域で、可能な限り長く尊厳ある生活をおくることができるよう、地域の支えあいをシステム化した「地域包括ケアシステム」を江東区においても構築することが求められています。そのためには、既存の公的サービスのみならず、地域住民やボランティア等も視野に入れた多職種協働のネットワークを構築することが必要です。そこで個別の高齢者の生活支援や、地域課題、高齢者向け施策の検討の場としての「地域ケア会議」を江東区においても実施しています。

江東区における地域ケア会議の構成

個別課題検討型、地域課題検討型、政策提言型の3段階の構成です。

個別課題検討型地域ケア会議

個別課題検討型地域ケア会議は長寿サポートセンター(地域包括支援センター)が主催し、実際の高齢者にかかわる課題を検討します。個別ケースの支援内容を検討しながら、地域の課題を把握します。

地域課題検討型地域ケア会議

地域課題検討型地域ケア会議は、区を物理的、その他の地域特性よりいくつかの地域に分け、各地域で年1回程度、区が主催し開催します。個別課題検討型地域ケア会議などから挙がった、地域における高齢者の在宅生活にかかわる課題を検討します。

政策提言型地域ケア会議(江東区地域包括ケア全体会議)

政策提言型地域ケア会議は、江東区全域を範囲として「地域包括ケア全体会議」の名称で開催しています。医療、介護はじめ地域包括ケアに関係する様々な機関や団体、個人から提起された施策や社会資源のあり方に関する提案を議題として扱います。

関連ページ

お問い合わせ

福祉部 地域ケア推進課 包括推進係 窓口:区役所3階7番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9606

ファックス:03-3647-3165

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?