ホーム > 区政情報 > 江東区プロフィール > 表彰 > 文化・スポーツ功労者顕彰

ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

文化・スポーツ功労者顕彰

江東区文化・スポーツ功労章顕彰要綱(平成15年4月1日15江総総第30号)に基づき、文化又はスポーツに関する活動を通じて、広く区民に敬愛され、社会に希望を与え、江東区の名を高めた方を、文化・スポーツ功労者として顕彰しています。

対象となるのは、区内在住、在勤、在学の個人と、区内に活動の拠点を置く団体です。

平成15年4月に発足し、これまでに述べ18名(団体)の方を顕彰しました。なお、平成28年の文化・スポーツ功労者は、2016リオデジャネイロオリンピック競技大会において、陸上競技男子4×100mリレー銀メダルを獲得されたケンブリッジ飛鳥さん、バドミントン女子ダブルス金メダルを獲得された髙橋礼華さん・松友美佐紀さん、バドミントン女子シングルス銅メダルを獲得された奥原希望さんです。

受章日

受章者氏名

顕彰事績

関連項目(受章当時)

H15年11月3日

石井 清子

多年にわたるバレエ活動を通じて 区民の芸術文化の普及発展に貢献

東京シティ・バレエ団理事長 区内在住

H15年11月3日

芳賀 智文

110mハードル 中学日本新記録樹立

区立東陽中学校3年 区内在住

H16年11月3日

阿武 教子

アテネオリンピック 柔道女子78キロ級金メダル獲得

区内在住

H16年11月3日

山田 英孝

アテネオリンピック バドミントン男子シングルス出場

区内在勤

H17年11月3日

岸本 忠雄

多年にわたり木彫刻の技能をもって区民の芸術文化の普及発展に貢献

名誉都民 区内在住

H18年11月3日

明治小学校マーチングバンド

多年にわたる音楽活動を通じて江東区の芸術文化の普及発展に貢献

区立小学校

H18年11月3日

第七砂町小学校金管バンドクラブ

多年にわたる音楽活動を通じて江東区の芸術文化の普及発展に貢献

区立小学校

H19年11月3日

東京北砂リトルリーグ野球協会

第41回全日本リトルリーグ野球選手権大会優勝
2007夏ワールドシリーズ準優勝

区内活動拠点

H20年11月3日

坂本 修一

北京オリンピック バドミントン男子ダブルス出場

区内在勤

H20年11月3日

池田 慎太郎

北京オリンピック バドミントン男子ダブルス出場

区内在住・在勤

H21年11月3日

長谷川 武雄

多年にわたり小津安二郎映画監督の作品を通じて江東区の芸術文化の普及発展に貢献

全国小津ネットワーク会議顧問 区内在住

H22年11月3日

新田 佳浩

バンクーバー2010パラリンピック冬季競技大会
クロスカントリー男子10kmクラシカル立位 優勝
クロスカントリー男子1kmスプリント立位 優勝

区内在住

H24年11月3日

杉本 美香

ロンドンオリンピック 柔道女子78キロ超級銀メダル獲得

区内在住

H24年11月3日

東京北砂リトルリーグ野球協会

第46回全日本リトルリーグ野球選手権大会優勝
第66回リトルリーグ世界選手権国際大会優勝 同 ワールドシリーズ優勝

区内活動拠点

H28年11月3日

ケンブリッジ 飛鳥

リオデジャネイロオリンピック 陸上競技男子4×100mリレー銀メダル獲得

区内在住・在勤

H28年11月3日

髙橋 礼華

リオデジャネイロオリンピック バドミントン女子ダブルス金メダル獲得

区内在勤

H28年11月3日

松友 美佐紀

リオデジャネイロオリンピック バドミントン女子ダブルス金メダル獲得

区内在勤

H28年11月3日

奥原 希望

リオデジャネイロオリンピック バドミントン女子シングルス銅メダル獲得

区内在勤

お問い合わせ

総務部 総務課 総務係 窓口:区役所4階5番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-4020

ファックス:03-3699-8773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?