ホーム > 区政情報 > 施策・計画 > 行政管理 > 指定管理者制度 > 指定管理者制度について

ここから本文です。

更新日:2021年4月20日

指定管理者制度について

平成15年6月の地方自治法改正により、公の施設の管理について、これまでの「管理委託制度」が廃止され、地方自治体が指定する指定管理者に管理を代行させる「指定管理者制度」が導入されました。

江東区では、平成16年12月に制度導入に伴う基本方針を定め、関係条例等の整備を行い、平成18年度より公の施設において指定管理者制度を導入しています。

指定管理者制度を導入している施設は、令和3年4月1日現在144施設です。

【指定管理者導入施設(施設区分別)一覧】

施設区分

施設数

自転車駐車場

50

児童保育関連施設

27

体育施設

17

地域・歴史文化施設、公会堂

20

障害者関連施設

8

高齢者関連施設

10

その他

12

144

詳しくは、下記「関連ドキュメント」及び「関連ページ」をご覧ください。

関連ドキュメント

関連ページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部 企画課 企画担当(行政管理) 窓口:区役所4階1番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9167

ファックス:03-3699-8771

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?