ホーム > こども・教育 > 保育園・保育施設 > 認可保育園・認定こども園(長時間利用)・小規模認可保育園 > 区立保育園の公設民営化(指定管理者制度の導入)について

ここから本文です。

更新日:2017年6月14日

区立保育園の公設民営化(指定管理者制度の導入)について

公設民営化の目的

江東区では、保育園の待機児童解消が喫緊の課題となっており、長期計画により着実に保育施設の整備を進めています。保育施設の運営は多額の経費を要するものであり、保育施設の増加は財政圧迫の大きな要因となっています。
こうした中で、多様な保育サービスの充実と、効率的な保育施設の運営により経費の縮減を図るため、区立保育園の公設民営化(指定管理者制度の導入)を推進することとしました。

※指定管理者制度の概要については、下記関連ページをご参照ください

公設民営化の実施時期と対象園

江東区では、これまで順次公設民営化を実施してきましたが、このたび、新たに3園を対象に民営化を実施することとしました。
実施時期及び対象園は下記のとおりです。

 

実施時期

保育園名

運営事業者

実施事業

平成34年4月

辰巳第二

未定

0歳児保育、2時間延長保育、スポット延長保育を予定

平成36年4月

東砂第三

未定

2時間延長保育、スポット延長保育を予定

未定※

亀高第二

未定

2時間延長保育、スポット延長保育を予定

※亀高第二保育園は、今後施設改修を予定しており、在園児及び保護者の負担とならないよう、改修計画に沿って民営化の時期を決定します。

◎移行は全て平成34年度以降であり、平成29年度時点で保育所を利用している児童の卒園後の実施となります。
◎民営化後も、区立の認可保育園としての位置付けや保育料に変更はなく、保育園の管理監督は区が行います。
◎運営事業者は、区より公募を行い、厳格な審査を経て選定されます。
◎保育内容や園運営は、基本的に現行を引き継ぎ、移行の前年度には区職員と指定管理者職員による合同保育を実施します。

 

<これまでの公設民営化園(移行準備中の園も含む)>

実施時期

保育園名

運営事業者

実施事業

平成18年4月

豊洲

(福)景行会

2時間延長保育、スポット延長保育

平成19年4月

毛利

(福)もろほし会

2時間延長保育、スポット延長保育

平成20年4月

南砂第二

(福)わかみや福祉会

2時間延長保育、スポット延長保育

平成22年4月

塩浜

(福)流山中央福祉会

0歳児保育、2時間延長保育、スポット延長保育、

子育てサポート一時保育

亀戸第四

(福)三樹会

2時間延長保育、スポット延長保育

平成28年4月

小名木川

(福)流山中央福祉会

0歳児保育、2時間延長保育、スポット延長保育

平成29年4月

亀高

(福)光聖会

0歳児保育、2時間延長保育、スポット延長保育を検討

平成30年4月

南砂第四

(株)日本保育サービス

2時間延長保育、スポット延長保育を検討

平成31年4月

大島第五

(株)日本保育サービス

2時間延長保育、スポット延長保育を検討

関連ページ

お問い合わせ

こども未来部 保育計画課 保育計画係 窓口:3-12番奥

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9638

ファックス:03-3647-8447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?