ホーム > 防災・安全 > 東日本大震災関連情報 > 江東区内の被害状況と対応

ここから本文です。

更新日:2017年1月30日

江東区内の被害状況と対応

区内交通機関の状況(午前8時30分現在)

現在、東京電力による「計画停電」により、交通機関に大幅な遅れや運休が発生しています。
詳細は、下記「関連リンク」から、関係各社のホームページにてご確認ください。

江東区内の被害状況と対応(地震発生~現在まで)

【3月13日(日曜日)】
・午前8時から、既成市街地補修箇所の復旧を継続して実施。
・午前8時30分から、新木場エリアの復旧作業を協力業者を2社増やし9社10班で実施。

【3月12日(土曜日)】
・午前6時30分から、区内全橋梁と防災船着場、公園、街路灯等の点検を実施。大きな異常は確認されなかった。
・協力業者7社とともに前日確認した被害箇所の補修(区内液状化発生地の照明灯危険除去、道路の危険除去、路上土砂の除去など)を実施。

【3月11日(金曜日)】
・午後3時5分、土木部職員134人態勢で区内調査を開始。
・最重要とした水門4施設・護岸4か所・橋梁32橋・緊急輸送道路全路線154kmを調査。
・区と協定を結ぶ建設業者10社を動員し、区道全線と河川等の調査を開始。
・被害状況は合計43件を確認。内訳は段差・亀裂23件、液状化13件、企業者関連7件。
・危険箇所にはカラーコーン等で応急処置を実施。
・新木場周回道路(区道)の5割で液状化の被害。噴出した土砂が30~40センチ堆積しており、2~4車線の道路で、片側1車線の通行が可能な状態。歩道には陥没している場所もあり、通行止めが数箇所ある。仮復旧に数日かかり、本復旧は見込みは未定。

次の箇所で液状化の発生を確認しています。
・漣橋(辰巳側)
・新木場全域
・新砂2-5
・辰巳橋取付道路(東雲1丁目)
・辰巳1-10
・辰巳2-1
・辰巳2-9
・東陽2-4
・豊洲5-6
・若洲2丁目
※東陽1-3及び豊洲3-5については、液状化しているとの報告はあったが、現地で液状化の状況は確認されていない。

区内交通機関の状況

【鉄道】(3月13日正午現在)
○JR京葉線で一部遅延あり。
○地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄) 平常どおり運行。
詳細は、下記関連リンクから直接ご確認ください。

【都営バス】(3月13日正午現在)
運行の障害があるなどの状況は確認していません。
詳細は、下記関連リンクから直接ご確認ください。

【高速道路】
3月13日午後0時10分現在、高速湾岸線新木場→葛西JCT(東方向)が通行止め、新木場入口封鎖となっています。
詳細や復旧の状況は、下記関連リンクからご確認ください。

【一般道路】
・3月13日現在、一部通行止め等は現在のところ特に確認されていません。道路交通に関する情報の詳細は、03-5402-1384(警視庁交通管制センター)へお問い合わせください。

 

江東区内の被害状況(3月12日午後2時55分現在)

○新木場エリアの液状化の状況について

現在、新木場周回道路(区道)の約5割で液状化の被害が発生しています。噴出した土砂が30~40センチ堆積しており、現在2~4車線の道路で片側1車線の通行が可能な状態です。
現在、区職員と、区と協定を結んでいる建設業者とが、土砂の除去作業に当たっていますが、車道には、段差が生じている場所もあり、最終的な被害状況は、土砂を除去しないと不明です。歩道には、陥没しているところがあり、通行止めが数か所あります。仮復旧に数日かかり、本格復旧の見込みは未定です。  

江東区内の被害状況(3月12日午前5時現在)

 ○区内5か所で水道管破損・漏水報告

○区内13か所で段差や陥没、舗装の破損

○電柱の傾きや電線の垂れ下がりが数か所発生

○臨海部を中心とした広範囲な液状化現象被害が発生し、確認しているだけで13か所以上の土砂の墳砂や出水あり。また、これに起因し舗装の破損が発生している。

※なお、危険箇所については応急処置済み

 関連リンク

 

お問い合わせ

危機管理室(総務部) 防災課 防災計画係 窓口:防災センター 04-01

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9584

ファックス:03-3647-8440

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?