○江東区立図書館条例施行規則
昭和40年12月25日
教育委員会規則第4号
(趣旨)
第1条 この規則は、江東区立図書館条例(昭和40年12月江東区条例第34号。以下「条例」という。)第3条の規定に基づき、江東区立図書館(以下「図書館」という。)の運営等に関し必要な事項を定めるものとする。
(平元(教)規則3・平20(教)規則17・一部改正)
(事業)
第2条 図書館は、図書館法(昭和25年法律第118号)第3条の規定に基づき、次の事業を行う。
(1) 郷土資料、行政資料、レコード、フィルムの収集にも十分配慮した、図書、視覚聴覚資料その他必要な資料(電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。)を含む。以下「図書館資料」という。)の収集、整理及び利用の促進
(2) 読書案内及び読書相談
(3) 読書会、研究会、映画会、鑑賞会、資料展示会等の開催及び奨励
(4) 郷土資料室の運営
(5) 分館の運営
(6) 他の図書館、読書施設、学校及びその他の教育機関との相互協力
(7) 館報その他広報出版物の発行
(8) 社会教育における学習の機会を利用して行った学習の成果を活用して行う教育活動等の活動の機会の提供及び奨励
(9) その他図書館の目的達成のため必要な事業
(昭45(教)規則2・全改、昭49(教)規則7・平3(教)規則6・平5(教)規則6・平20(教)規則17・平21(教)規則13・一部改正)
(開館時間及び休館日)
第3条 開館時間及び休館日は、別表のとおりとする。ただし、江東図書館長(以下「館長」という。)が必要と認めたときは、教育委員会の承認を得て、これを変更し、又は臨時休館日を定めることができる。
(平14(教)規則15・全改、平20(教)規則17・一部改正)
(入館の制限)
第4条 館長又は条例第2条で定める江東図書館以外の図書館の館長(以下「地区図書館長」という。)は、酒気をおびた者その他館内の秩序を乱し、係員の注意に従わない者に対しては、入館を禁じ、又は退館させることができる。
(昭45(教)規則2・全改、平元(教)規則3・平3(教)規則6・一部改正、平14(教)規則15・旧第5条繰上、平22(教)規則7・一部改正)
(個人貸出)
第5条 図書館資料の個人貸出を受けようとする者は、個人貸出証の交付を受けなければならない。
2 個人貸出証は、原則として江東区内に在住、在勤、在学するものに対し、本人の請求により、館長又は地区図書館長が氏名及び住所を確認のうえ、これを交付する。
3 個人貸出証の交付を受けた者は、これを適切に管理するものとし、他に譲渡してはならない。
4 個人貸出証の有効期間は、3年とする。ただし、館長又は地区図書館長は、その個人貸出証の交付を受けた者の氏名及び住所を確認し、引き続き同一の個人貸出証を使用させることができる。
5 個人貸出証は、紛失若しくは盗難の届出があったとき又は汚損などにより新たな個人貸出証の交付を受けたときは、これを無効とする。
6 同時に個人貸出のできる図書館資料は、図書資料は20冊以内、紙芝居は5点以内、音声資料は5点以内、映像資料は1点とする。ただし、館長が必要と認める場合は、この限りでない。
7 図書館資料の個人貸出期間は、2週間以内とする。ただし、館長が必要と認める場合は、この限りでない。
(平元(教)規則3・全改、平3(教)規則6・平9(教)規則9・一部改正、平14(教)規則15・旧第6条繰上、平17(教)規則11・平22(教)規則7・一部改正)
(団体貸出)
第6条 図書館資料の団体貸出を受けようとする者は、団体貸出証の交付を受けなければならない。
2 団体貸出証は、江東区内に在住する者の世帯、読書グループ、地域団体及び事業所等の団体の代表者の申請により、館長又は地区図書館長が審査のうえ、交付する。
3 団体貸出証の有効期間は、1年とする。ただし、館長又は地区図書館長は、住所を確認し、続けて同一の団体貸出証を使用させることができる。
4 同時に団体貸出のできる図書館資料は、その団体の構成員1人につき、図書資料は5冊以内、紙芝居は5点以内、音声資料は3点以内とする。ただし、館長が必要と認める場合は、この限りでない。
5 同一の図書館資料の団体貸出期間は、1月以内とする。ただし、館長が必要と認める場合は、この限りでない。
6 館長は、図書館資料の団体貸出をうけた団体の代表者に対しその利用状況について報告を求めることができる。
(平元(教)規則3・全改、平3(教)規則6・一部改正、平14(教)規則15・旧第7条繰上、平17(教)規則11・平22(教)規則7・一部改正)
(分館)
第7条 分館の名称及び位置は、次のとおりとする。
名称
位置
白河こどもとしょかん
東京都江東区白河四丁目3番19号
2 分館は、図書館資料を区民の利用に供する。
3 分館の運営については、館長が教育長の承認を得て定める。
4 分館において、図書館資料を利用する者については、個人貸出の規定を準用する。
(昭49(教)規則7・追加、平9(教)規則9・一部改正、平14(教)規則15・旧第8条繰上、平22(教)規則7・一部改正)
(貸出の制限)
第8条 館長又は地区図書館長が指定した図書館資料については、貸出しを制限する。
(平22(教)規則7・全改)
(利用中の図書館資料の返却)
第9条 館長又は地区図書館長は、必要と認めたときは、利用者に利用中の図書館資料を返却させることができる。
(昭45(教)規則2・旧第11条繰下、平元(教)規則3・旧第12条繰上・一部改正、平5(教)規則6・旧第11条繰上、平14(教)規則15・旧第10条繰上、平28(教)規則9・一部改正)
(未返却者に対する処置)
第10条 館長又は地区図書館長は、利用者が資料の返却を怠り、又は督促しても返却しないときは、当該利用者の図書館資料の利用を制限することができる。
2 館長又は地区図書館長は、前項の規定により図書館資料の利用を制限したときは、利用制限通知書(別記様式)により、当該利用者に通知する。
(平28(教)規則9・全改)
(損害の賠償)
第11条 館長又は地区図書館長は、利用者が資料を亡失し、又は甚だしく汚損し、若しくは損傷した場合には、相当の資料をもって賠償させることができる。
2 前項の賠償をさせるに当たり、館長又は地区図書館長が資料によることが適当でないと判断した場合は、当該資料相当額の金銭をもって賠償させることができる。
(昭45(教)規則2・旧第13条繰下、平元(教)規則3・旧第14条繰上・一部改正、平5(教)規則6・旧第13条繰上、平14(教)規則15・旧第12条繰上、平22(教)規則7・一部改正)
(委任)
第12条 この規則の施行について必要な事項は、教育長が定める。
(昭45(教)規則2・旧第14条繰下、平元(教)規則3・旧第15条繰上、平5(教)規則6・旧第14条繰上、平14(教)規則15・旧第13条繰上)
付 則
この規則は、公布の日から施行する。
付 則(中間省略)
附 則(平成13年(教)規則第1号)
この規則は、平成13年4月1日から施行する。
附 則(平成14年(教)規則第15号)
この規則は、平成14年4月1日から施行する。
附 則(平成15年(教)規則第11号)
この規則は、平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成17年(教)規則第11号)
この規則は、平成17年10月4日から施行する。
附 則(平成20年(教)規則第17号)
この規則は、公布の日から施行する。
附 則(平成21年(教)規則第13号)
この規則は、平成21年4月1日から施行する。
附 則(平成22年(教)規則第7号)
この規則は、平成22年4月1日から施行する。
附 則(平成28年(教)規則第9号)
この規則は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)
(平22(教)規則7・全改)
名称
開館時間
休館日
江東区立江東図書館
江東区立深川図書館
江東区立東陽図書館
江東区立豊洲図書館
江東区立東雲図書館
江東区立古石場図書館
江東区立城東図書館
江東区立亀戸図書館
江東区立砂町図書館
江東区立東大島図書館
午前9時から午後8時まで(日曜日、休日及び12月28日は、午後5時まで)
1 月曜日(休日に当たるときは、その日後における直近の休日でない日)
2 年末(12月29日から同月31日まで)
3 年始(1月1日から同月4日まで)
4 館内整理日(1月及び5月並びに休日を除く毎月第1金曜日)
5 特別整理期間
備考
1 休日とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。
2 特別整理期間は、1年のうち10日以内とし、館長が別に定める。

別記様式(第10条関係)
(平28(教)規則9・追加)

――――――――――
〔次の規則は、未施行〕
○江東区立図書館条例施行規則の一部を改正する規則
平成30年7月2日
教育委員会規則第4号
江東区立図書館条例施行規則(昭和40年12月江東区教育委員会規則第4号)の一部を次のように改正する。
第1条中「第3条」を「第6条」に改める。
第2条及び第3条を削る。
第4条中「館長又は」を「江東図書館長(以下「館長」という。)又は」に、「おびた」を「帯びた」に改め、同条を第2条とする。
第5条第1項中「図書館資料」を「条例第3条第1号に規定する資料(以下「図書館資料」という。)」に改め、同条を第3条とする。
第6条を第4条とし、第7条から第9条までを2条ずつ繰り上げる。
第10条第1項中「又は地区図書館長」を削り、「が資料」を「が図書館資料」に改め、同条第2項中「又は地区図書館長」を削り、同条を第8条とする。
第11条第1項中「が資料」を「が図書館資料」に改め、同条を第9条とする。
第12条を第11条とし、第9条の次に次の1条を加える。
(指定管理者による管理)
第10条 条例第5条第1項の規定により指定管理者が図書館の管理を行う場合における第2条から第4条まで並びに第6条、第7条及び第9条の規定の適用については、第2条中「条例第2条で定める江東図書館以外の図書館の館長(以下「地区図書館長」という。)」とあるのは「指定管理者」と、第3条、第4条、第6条、第7条及び第9条中「地区図書館長」とあるのは「指定管理者」とする。
別表を削る。
別記様式中「(第10条関係)」を「(第8条関係)」に、「第10条第1項」を「第8条第1項」に、「江東区立   図書館長」を「江東区立江東図書館長」に改める。
附 則
この規則は、平成31年4月1日から施行する。