ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和3年度 > 令和3年8月(プレスルーム) > 「TOKYO1964」その頃の江東区では…?

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2021年8月4日

「TOKYO1964」その頃の江東区では…?

総合区民センターで前回の東京オリンピック当時の様子を展示中

 東京2020オリンピック競技大会が開催されている中、総合区民センター(大島4)2階展示ホールでは、8月4日(水曜日)から「みんなの記憶と記録~1964から2020へ~」として展示が行われています(8月17日(火曜日)まで)。

みんなの記憶と記録-1

 前回の東京オリンピックが開催された、1964年ごろの江東区がどんな様子であったかを中心に街の話題を取り上げ、区民生活とまちの変化を追っています。中には1964年の東京オリンピックの記念品も展示され、訪れた人の目を引いています。

みんなの記憶と記録-2

 展示は大きく4つから成り、まず、戦後復興から東京オリンピック開催に至るまでを江東区報をもとに追い、その次にオリンピック開催前の江東区の様子を写した写真を現在のカラー写真と並べ展示しています。続いて、1964年の記念グッズ・新聞のコーナーとして、様々な企業が作成したパンフレットや生活用品が並べられ、最後には今回の東京2020オリンピックにおける区内競技場の紹介を行っています。

みんなの記憶と記録-3

 1964年の東京オリンピック開催当時は滋賀県に住み、その後江東区に移り住んだという女性は、「(同大会の)体操男子・団体総合で金メダルを獲得した小野喬さんと同じ会社で働いていた」と話し、都電の写真などを前に「当時の記憶が呼び起こされる」と興味深そうに展示を眺めていました。

みんなの記憶と記録-4

 また、会場を訪れていた別の女性は、連日、テレビで東京2020オリンピック大会の競技を観戦してるといい、「前回のオリンピックは見ていないが、今回の展示で当時の様子を知ることができた。今回は聖火リレーが自宅近くを通る予定だったので中止になってちょっと残念」と話しました。

(※お越しの際は、マスクの着用やソーシャルディスタンスの確保など、感染予防にご協力をお願いします。)

みんなの記憶と記録-5

【開催概要】

「みんなの記憶と記録~1964から2020へ~」

会期:令和3年8月4日(水曜日)から8月17日(火曜日)まで
会場:総合区民センター(大島4-5-1)2階展示ホール
時間:午前9時から午後8時まで
観覧料:無料

お問い合わせ

政策経営部 広報広聴課 報道係 窓口:区役所2階22番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2363

ファックス:03-5634-7538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?