ここから本文です。

更新日:2022年6月17日

不在者投票

次の場合は、期日前投票ではなく、不在者投票となります。

  1. 他の区市町村に滞在(住所移転)している場合
  2. 指定病院等に入院されている場合
  3. 郵便等による不在者投票
  4. 船員の不在者投票
  5. 投票日当日には18歳になるが、期日前投票を行う日は17歳の方など投票日当日には選挙権を有するが、期日前投票を行おうとする日には、まだ選挙権を有しない場合

1.他の区市町村に滞在(住所移転)している場合

他の区市町村に滞在(住所移転)している場合、事前に手続きをしていただくと、滞在先の区市町村選挙管理委員会で不在者投票をすることができます。
(1)江東区の選挙人名簿に登録されている方が、他の区市町村に滞在している場合

  • 江東区の選挙管理委員会に投票用紙の請求を行ってください。請求書は、必ず本人が自書し、郵送またはお持ちください。
    (下部の「関連ドキュメント」にある不在者投票宣誓書兼請求書を印刷し、必要事項を記入のうえ請求してください。)
  • <請求先>
    〒135-8383
    江東区東陽4-11-28
    江東区選挙管理委員会事務局宛
  • 電子申請による不在者投票の申請については、下記関連リンクをご覧ください。
    電子署名(公的個人認証)が必要になります。
    電子申請のためには動作環境など、事前の設定が必要になりますので、下記関連リンク先の東京共同電子申請・届出サービスの「はじめて利用する方」の案内をご確認のうえ、申請を行ってください。
  • 投票用紙が送られてきたら、滞在先の選挙管理委員会に開封しないで(開封すると無効となる場合があります。)封筒のままお持ちください。不在者投票は、投票日前日の土曜日(7月9日)までです。投票後の用紙が、滞在地の選挙管理委員会から江東区に送達されるのに時間がかかります。なるべくお早めの投票をお願いいたします。
    (投票用紙への記入は、必ず滞在地の選挙管理委員会で行ってください。)
    なお、不在者投票をすることができる時間が選挙管理委員会によって異なることがあります。必ず滞在先の選挙管理委員会にお問い合わせのうえ、不在者投票にお出かけください。

(2)他の区市町村の選挙人名簿に登録されている方が、江東区に滞在している場合

  • 選挙人名簿に登録されている区市町村の選挙管理委員会に投票用紙の請求を行ってください。
  • 投票用紙が送られてきたら、江東区選挙管理委員会に開封しないで(開封すると無効となる場合があります。)封筒のままお持ちください。
    (投票用紙等への記入は、必ず江東区選挙管理委員会で行ってください。)
  • 選挙期間中の不在者投票ができる場所・時間は、下記の通りとなりますので、ご注意ください。
    江東区役所・豊洲シビックセンター:6月23日(木曜日)~7月9日(土曜日)午前8時半から午後8時まで
    江東区役所・豊洲シビックセンター以外の期日前投票所(区内7か所):7月3日(日曜日)~7月9日(土曜日)午前8時半から午後8時まで
    (江東区内の期日前投票所は、期日前投票のページをご覧ください。)

郵送等に日数がかかりますので、お早めに手続きしてください。

2.指定施設に入院・入所されている場合

都道府県の選挙管理委員会が不在者投票施設として指定している病院等では、施設内で不在者投票をすることができます。投票用紙の請求手続きには日数がかかりますので、お早めに病院等に申し出てください。
(江東区内の指定施設は、下部「関連ドキュメント」をご参照ください。)

3.郵便等による不在者投票

身体に重度の障害があるため、投票所に行くことが困難な方は、自宅で郵便等による方法で投票することができます。ただし、この制度は例外的な制度であるため次のとおり利用できる方は限定されます。
<対象となる方>
ご自分で字を書くことができる方で、次のいずれかの障害・等級に該当する方

  • 身体障害者手帳をお持ちで、
    両下肢、体幹、移動機能の障害の程度が1級または2級の方
    心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害の程度が1級または3級の方
    免疫または肝臓の障害の程度が1級から3級までの方
  • 戦傷病者手帳をお持ちで、
    両下肢、体幹の障害の程度が特別項症から第2項症までの方
    心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害の程度が特別項症から第3項症までの方
  • 介護保険の被保険者証の要介護状態区分が「要介護5」の方

郵便等による不在者投票の代理記載制度について

郵便等による不在者投票ができる選挙人のうちご自分で字を書けない方で、下記の要件に該当する方は、選挙権を有する他の人に代理記載をさせることができます。
なお、代理記載制度はあらかじめ届出が必要です。

  • 身体障害者手帳をお持ちで、上肢または視覚の障害の程度が1級の方
  • 戦傷病者手帳をお持ちで、上肢または視覚の障害の程度が特別項症から第2項症までの方

郵便等による不在者投票を行うには、郵便等投票証明書が必要

郵便等による不在者投票を行うには、江東区選挙管理委員会が交付する「郵便等投票証明書」が必要です。
選挙の時に投票用紙の請求をするためには、あらかじめ交付を受けた「郵便等投票証明書」を添付して、投票日の4日前までに行う必要があります。
「郵便等投票証明書」は選挙の有無に関わらず、いつでも交付申請ができますので、あらかじめ余裕のある時期に選挙管理委員会へご相談ください。

4.船員の不在者投票

職務または業務に従事するため、投票日に投票することのできない船員の方は、次のような方法で投票をすることができます。

  • 指定港での不在者投票
  • 船舶内での不在者投票

選挙人名簿登録証明書の交付

船員の方は選挙人名簿登録地の選挙管理委員会に申請して、「選挙人名簿登録証明書」の交付を受けることができます。

「選挙人名簿登録証明書」は、船員の不在者投票を行う資格があることを証明するもので、投票用紙等の書類を請求するときに必要になります。
「選挙人名簿登録証明書」の交付を受けた方は、通常の投票や期日前投票等を行うときにも「選挙人名簿登録証明書」の提示が必要となりますので、ご注意ください。これは、「選挙人名簿登録証明書」の記載で、まだその選挙では投票用紙の交付を受けていないことを確認し、投票用紙を交付した後は、その旨を「選挙人名簿登録証明書」に記載する必要があるからです。

申請するときは、船員手帳もしくは船員であることを証明できる書類を添え、選挙人名簿登録地の選挙管理委員会へお越しください。
「選挙人名簿登録証明書」の交付申請は、選挙期間中に限らず、いつでも行うことができます。
「選挙人名簿登録証明書」の有効期限は、交付を受けた日から7年間です。

詳しくは選挙管理委員会までお問合せください。

5.投票日当日に選挙権を有するが、期日前投票をする時点ではまだ選挙権を有しない方の場合

投票日当日には満18歳になるが、期日前投票をする時点では、17歳で選挙権のない方は不在者投票となります。

  • 江東区の不在者投票所は期日前投票所と同じ場所になります。
  • 期間は、6月23日(木曜日)~7月9日(土曜日)までです。(区役所、豊洲シビックセンター以外の期日前投票所は7月3日(日曜日)~7月9日(土曜日)までです)
  • 投票時間は、午前8時30分から午後8時までです。

 

関連ドキュメント

 

関連リンク

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局 選挙係 窓口:区役所7階1番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9091

ファックス:03-3647-9592

※選挙期間中は回答が遅くなる場合があります

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?