ホーム > くらし・地域 > 交通 > 交通安全 > 令和2年TOKYO交通安全キャンペーン 12月1日(火曜日)~7日(月曜日)

ここから本文です。

更新日:2020年12月3日

令和2年TOKYO交通安全キャンペーン 12月1日(火曜日)~7日(月曜日)

 

TOKYO交通安全キャンペーンが実施されます。

東京都のスローガン

「世界一の交通安全都市TOKYOを目指して」

運動の目的

このキャンペーンは、区民一人ひとりに交通安全意識の普及・浸透と交通事故の防止及び渋滞の解消を図ることを目的としています。

年末は交通事故や交通渋滞が発生しやすい時期です。一人ひとりが交通ルールを守り、交通事故の加害者にも被害者にもならないようにしましょう。

交差点を通行する際には、歩行者とドライバーが視線を合わせ(アイコンタクト)安全を確認してから通行しましょう!

r2tcp

キャンペーンの重点

重点1 こどもと高齢者の安全な通行の確保

重点2 飲酒運転の根絶及び高齢運転者等の交通事故防止

重点3 自転車の交通事故防止

重点4 二輪車の交通事故防止

重点5 違法駐車対策の推進

 

重点1 こどもと高齢者の安全な通行の確保

保護者の方へ

歩行者の方へ

青信号であっても必ず右・左の安全を確認しましょう。

車道への飛び出しや止まっている車両の前後からの横断は大変危険です。絶対にやめましょう。

  • トラックなど大きい車両の右左折時は、車両の動きに注意しましょう。
  • 信号無視や斜め横断はやめましょう。また、横断禁止場所での横断は禁止されています。
  • 横断歩道は青信号であっても、安全であるとは限りません。左右の安全確認をして、車が止まっているか、運転手が自身に気付いているかしっかりと確認をしてから通行しましょう。

 

重点2 飲酒運転の根絶及び高齢運転者等の交通事故防止

飲酒運転の根絶

飲酒運転は犯罪です。酒酔い運転は「免許取消し」の上、「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が科せられます。飲酒運転をするおそれのある人に対して車やお酒を提供したり、酒気を帯びている人の運転する車に同乗したりする行為も罰せられます。

 

  • 少量のお酒でも、アルコールの影響は視力や注意力、判断力の低下をまねき運転操作に影響を与えます。

  • 自転車も飲酒運転は禁止です。
  • 運転者とその周囲の人が、飲酒運転を「しない!」「させない!」という強い意志を持ち、飲酒運転を根絶しましょう。

 

高齢運転者等の交通事故防止

加齢に伴い、個人差はあるものの、視力・聴力・認知判断力など、身体機能が低下し、とっさの判断や行動ができにくくなります。走り慣れた道路でも安全確認を徹底し、適度な緊張感を持って運転しましょう。

 

 

重点3 自転車の交通事故防止

歩道は「歩行者優先」で、車道寄りを徐行

~歩行者にやさしい運転を心がけましょう~

  • 歩道では歩行者が優先です。歩行者の通行を妨げることとなる場合は、一時停止、もしくは自転車を降りて、押して、歩きましょう。
  • 歩行者の近くを自転車で通行するときは、車道寄りを徐行しましょう。

自転車損害賠償保険等の加入は義務です

自転車安全利用五則を守りましょう。

  • 自転車は、車道が原則、歩道は例外

  • 車道は左側を通行
  • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  • 安全ルールを守る
    ・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    ・夜間はライトを点灯
    ・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  • こどもはヘルメットを着用

電動アシスト自転車のスピード出しすぎに注意

  • 電動アシスト自転車は普通の自転車に比べ、軽くペダルを踏むだけで、発信・加速できるため、スピードを出しすぎてしまう恐れがあります。また、重量があり、ぶつかったときには、衝撃が大きくなり重大な事故につながる恐れがあります。交通事故の加害者にならないよう、最善の注意を払い通行しましょう。

参考ページ

自転車を安全に利用しましょう(別ウィンドウで開きます)

重点4 二輪車の交通事故防止

  • 重大事故の原因となる速度超過、無理な追い越し、割り込みは絶対にやめましょう。

  • 死亡事故の多くが、通勤時間帯に発生しています。時間にゆとりを持ち、慣れた道でも十分に注意しましょう。
  • ヘルメットのあごひもをしっかりと締め、胸部・腹部を守るプロテクターを着用しましょう。
  • 雨の日は視界が悪くなるだけでなく、路面が滑りやすくなり大変危険です。路面標示やマンホールなどスリップしやすい場所に注意しましょう。

 

重点5 違法駐車対策の推進

  • 交差点や横断歩道、その付近での違法駐車は、重大事故に直結する「危険行為」です。絶対にしてはいけません。
  • 違法駐車は、交通渋滞の発生源となるばかりか、緊急車両や路線バスの通行の妨げになります。
  • 短時間の駐車でも駐車場やパーキングメーターを利用しましょう。
  • 交差点やその付近の違法駐停車等は、見通しが悪く大変危険です。絶対にやめましょう。

 

キャンペーンの推進要領

r2cp3

 

区内警察署

深川警察署

所在地:〒135-0042 木場3-18-6

電話番号:03-3641-0110

リンク(別ウィンドウで開きます)

城東警察署

所在地:〒136-0073 北砂2-1-24

電話番号:03-3699-0110

リンク(別ウィンドウで開きます)

東京湾岸警察署

所在地:〒135-0064 青海2-7-1

電話番号:03-3570-0110

リンク(別ウィンドウで開きます)

関連ページ

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部 交通対策課 交通係 窓口:防災センター2階18番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-4784

ファックス:03-3647-9287

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?