ホーム > 環境・まちづくり > 建築 > 建物の耐震化 > 木造住宅の耐震化

ここから本文です。

更新日:2019年8月15日

木造住宅の耐震化

居住する方の生命と財産を守り、また、地域の防災性を向上させるため、耐震化をぜひご検討ください。

区では、3つのステップでお手伝いしています。(詳細は、木造耐震パンフレットおよび要綱(PDF:179KB)(別ウィンドウで開きます)でご確認ください。)

  1. 木造住宅耐震診断士の派遣(簡易耐震診断)の無料実施
  2. 精密診断・補強計画に対する助成金の交付
  3. 耐震補強工事に対する助成金の交付

【無料】木造住宅耐震診断士の派遣(簡易耐震診断) 

木造住宅耐震診断士を無料で派遣し、木造住宅の簡易耐震診断(木造一次診断)を実施します。

平成31年度から『対象建築物』と『申請できる方』を拡充しましたので、ぜひご利用ください。

主な要件と手続き

1.対象建築物:旧耐震基準の木造住宅(戸建て住宅、併用住宅、共同住宅、長屋)

  • 昭和56年5月31日以前に建築されたものであること
  • 在来軸組工法かつ2階建て以下であること
  • 過去に同制度による診断を受けていないこと

2.申請できる方:対象建築物を所有する個人

3.申し込み方法:窓口へ木造住宅耐震診断士派遣申請書(第1号様式)(ワード:26KB)(別ウィンドウで開きます)を1部ご提出ください。

【助成金】精密診断・補強計画 

精密診断による詳細な検証と、補強計画の立案にかかる費用の一部を助成します。

***申請にあたっては、必ず事前に窓口へご相談ください***

助成割合と助成額

要する費用の1分の1、上限15万円

主な要件

1.上記の簡易耐震診断(木造一次診断)で地震に対する安全性が低いと診断されたもの

2.木造耐震診断士が行なうこと

【助成金】耐震補強工事 

補強計画に基づく耐震補強工事にかかる費用の一部を助成します。

***申請にあたっては、必ず事前に窓口へご相談ください***

助成割合と助成額

要する費用の2分の1、上限150万円

※所有者又は所有者と同居の家族で満65歳以上の方が助成対象建築物に居住している場合は、ご相談ください。

 (助成割合が3分の2になる場合があります。)

主な要件

1.上記の補強計画に基づく耐震補強工事であること

2.木造耐震診断士が工事監理を行なうこと

木造住宅耐震診断士のご案内 

助成金の交付を受けるにあたっては、『精密診断・補強計画』および『耐震補強工事の監理』を、

区に登録された木造住宅耐震診断士が行うことが条件となります。

木造住宅耐震診断士をお探しの場合は、一般財団法人 東京都建築士事務所協会 江東支部 へご相談ください。

なお、簡易耐震診断(木造一次診断)で派遣される診断士は、区に登録された木造住宅耐震診断士です。

 

一般財団法人 東京都建築士事務所協会 江東支部(外部サイトへリンク)

電話番号:03-3642-2824

様式一覧

ご使用にあたっては、パスワードが必要です。

窓口への事前相談後に、パスワードをお伝えいたします。

No. 名称 備考 ファイル
1 木造二次診断・木造耐震補強工事助成対象承認申請書 別記第8号 ダウンロード(ワード:30KB)
2 木造耐震補強工事・耐震改修着手報告書 別記第12号 ダウンロード(ワード:30KB)
3 耐震改修等完了報告書 別記第16号 ダウンロード(ワード:26KB)
4 耐震改修等助成金交付申請書 別記第18号 ダウンロード(ワード:25KB)
5 耐震改修等助成金交付請求書兼支払金口座振替依頼書 別記第20号 ダウンロード(ワード:42KB)
6 委任状   ダウンロード(ワード:24KB)
7 消費税仕入税額控除確認書   ダウンロード(ワード:21KB)

 

関連ドキュメント

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 建築調整課 建築防災係 窓口:区役所5階25番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9764

ファックス:03-3647-9009

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?