ホーム > 環境・まちづくり > 都市整備 > やさしいまちづくり > ユニバーサルデザイン出前講座

ここから本文です。

更新日:2022年3月17日

ユニバーサルデザイン出前講座

多様な人と共に生きていく社会を育むユニバーサルデザイン出前講座

まちづくり推進課ではやさしいまちづくり相談員と協働してユニバーサルデザイン出前講座を小学校で実施しています。性別、年齢、障害のある方、外国籍の方などさまざまな方々が安全、快適、安心して暮らせるまちづくりを目指し、困っている方がいれば自然に手をさしのべる、共に生きていく社会を育むことを目的に、ソフト面からのやさしいまちづくりを進めています。

出前講座は3部構成となっており、ユニバーサルデザインハンドブックよりシーン1「歩道と自転車」、シーン2「交差点」、シーン3「エレベーター、エスカレーター、階段」のシーン毎に、立場の違う人の困りごとや必要な助けについて、それぞれの障害当事者の方からお話しいただき、児童と一緒に考えながら学んでいきます。

なお、令和2年度については、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、飛沫感染、接触感染の防止やソーシャルディスタンスの確保に配慮し、一部講座内容を変更して実施いたしました。詳細は関連ファイル「ユニバーサルデザイン出前講座感染症拡大防止対応策」をご確認ください。

令和3年度実施実績

令和3年度のユニバーサルデザイン出前講座の実施実績は下記のとおりです。

実施時期 令和3年9月から令和4年1月まで

実施校数 25校(前年度比+5校)

受講児童数 2,205人(前年度比+629人)

シーン1 歩道と自転車

人は外見では耳が聞こえるか、聞こえないかわからないということをクイズ形式で児童に考えてもらいます。そして聴覚障害者の方が日頃、どんなことに困っているのかということを障害当事者の方からお話しいただきます。

聴覚障害者の方は、後ろから自転車が近づいてきてもわからないため、意地悪をして道をゆずらないと思われ、怒鳴られたり、蹴飛ばされたりして大変、嫌な思いをしているという体験談などを話していただきます。まちのなかで歩いているときなどは聴覚障害者や高齢者、ベビーカーの親子、視覚障害者、車いすの方などいろいろなことに気をつけることが必要だということを児童に気づいてもらいます。

また、聴覚障害者の方とのコミュニケーションの取り方を手話や口話などさまざまな方法があることを学んでもらいます。

この中で耳が聞こえない人は?

この中で耳が聞こえない人は?

シーン1 歩道と自転車

シーン2 交差点

シーン2の交差点のイラストを見ながら、児童に気づいたことを答えてもらいます。交差点にはどんな工夫がしてあるか、人によって何か困っていることがあるかなどを考えてもらいます。その後に視覚障害者の方や車いすの方がどうやってまちを歩いているのか、「困ること」「助けになっていること」は何か話していただき、まちでの手助けをするきっかけとなればと考えています。

体験コーナーではボックスの中に入っている2つのものの違いは何か触って当ててもらいます。中身はシャンプーとリンス、牛乳パックとジュース類のパックなどです。それぞれに触って違いがわかるユニバーサルデザインの工夫がしてあります。牛乳パックの一番上には切欠きがあり、ジュース類にはありません。なぜ、牛乳に切欠きがあるのか視覚障害者の方から実生活の体験を通して話をしていただき、身の回りにあるユニバーサルデザインを感じてもらいます。

触って当てよう!

触って当てよう!ボックスの中身は何かな?

シーン2 交差点

シーン3 エレベーター、エスカレーター、階段

エレベーター、エスカレーター、階段どれを使うかな?グループに分かれ児童が「内部障害のある人」「視覚障害者」「聴覚障害者」「松葉づえ使用者」「高齢者」「妊婦さん」「ベビーカー使用者」「車いす使用者」の立場にたって考えてもらい、それぞれの立場の人が「エレベーター、エスカレーター、階段」のどれを使ったら良いかを考えます。

グループの考えを発表してもらい、障害当事者の方々が実際にはどうなのか体験談を話していただきます。聴覚障害者の方は万が一にエレベーターが故障した際に、インターホンを通じて会話ができないため、一人のときはなるべくエレベーターは使わないことや、視覚障害者の方はエレベーターによってボタンに点字の案内がなかったり、音声案内がなかったりするので一人ではエレベーターは使用しないこと、エスカレーターは上りと下りの違いがわからないので階段を使用する方が安心であるといったこと、車いすの方はエレベーターを使用することが多いといったことを聞き、自分がエレベーターを使用するときは誰を優先するべきかを考えてもらい、実生活で活かしてもらうようにしています。

シーン3 エレベーター、エスカレーター、階段

関連ファイル

関連ページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 まちづくり推進課 まちづくり担当(やさしいまちづくり) 窓口:区役所5階23番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9781

ファックス:03-3647-9009

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?